週刊あんこ

和スイーツの情報発信。あんこ界のコロンブスだって?

圧巻、京都の特大おはぎ

 

京都でおはぎ(春はぼた餅)というと、一に今西軒、二に仙太郎という名前が浮かぶが、ここにあんこ好きにはたまらない異端児がいる。

 

東本願寺前の七条通に暖簾を下げる「名代おはぎ 松屋である。

 

1個が今西軒のおはぎの3個分は優にあると思う。

 

そのおはぎがこれ。

 

f:id:yskanuma:20171017123208j:plain

 

創業は昭和20年12月。終戦から約4か月という混乱期に産声を上げている。百年以上暖簾を下げ続けて、ようやく老舗の一年生くらいという京都では、まだまだ老舗とは呼べない餅菓子屋だ。京都流に言うと「お餅屋さん」。

 

f:id:yskanuma:20171017122940j:plain

 

だが、この特大おはぎ。大きすぎて1個から箱に入れてくれる。お代は330円(税込み)。2個入りで660円(同)。包みと内側の銀紙がステキである。

 

f:id:yskanuma:20171017123035j:plain

f:id:yskanuma:20171017123111j:plain

 

そのつぶしあんの圧倒的なボリュームと素朴な美味さがたまらない。

 

ゆるくふっくらと炊かれていて、かなり甘い。店主によると、北海道十勝産小豆を使用している。砂糖は多分上白糖。

 

小豆の風味が口中で爆発するよう。

 

つまりアク抜きをわざと少しだけ抑えていると思う。

 

f:id:yskanuma:20171017123309j:plain

 

もち米にうるち米をブレンドしているような半づきのご飯玉は、ほんのり塩気があり、柔らかなモチモチ感がこの素朴なあんこによく合っている。

 

箸でまず2つに割り、それからさらに4つくらいに分けて食べる。

f:id:yskanuma:20171017123433j:plain

f:id:yskanuma:20171017123557j:plain

f:id:yskanuma:20171017123528j:plain

 

何という幸せ感。あんこ好きにとっては天国にいるようだが、苦手な人には地獄かもしれない。

 

今西軒や仙太郎といった洗練された京おはぎとは別世界の田舎おはぎ。それが京都駅から近い場所に72年も暖簾を下げていることがうれしい。

 

作りたてなので、その日中に食べなければならない。

 

京都の奥の深さを改めて思い知らされる、そんなおはぎである。

 

所在地 京都市下京区七条通烏丸西入東境町190

最寄駅 京都駅から歩5~6分

 

 

                           f:id:yskanuma:20171017123642j:plain

 

 

 

 

 

 

秋の京都「白いさくら餅」

 

桜もちは春、桜が咲くころが一番美味いと思う。

 

なのに、京都・嵐山の「本家琴きき茶屋」で食べた秋の桜もちは格別だった。

 

観光地なので、外国人も多い。観光地の名物に美味いものなし、というのは多分当たっている。

f:id:yskanuma:20171011185329j:plain

 

それだけに意外な味わいだった。

 

清凉寺に用があり、その帰りに「米満軒」に立ち寄るつもりが、悲しいかなすでに廃業していた。

 

で、江戸末期創業「本家琴きき茶屋」の「茶房さくら」で「桜もち おうす付き」(税別 600円)を賞味することにした。

f:id:yskanuma:20171011185503j:plain

 

ここの名物「桜もち」はあんこが入っていない.。しかも桜色に着色もしていない。あんこ好きとしては許せない。だが、塩漬けの桜の葉2枚で挟まれた道明寺餅は予想を超えて美味かった。

f:id:yskanuma:20171011185907j:plain

f:id:yskanuma:20171011185943j:plain

 

糸を引くようなもちもちした、真っ白い道明寺餅はほんのり甘く、見事な塩漬けの葉の香りと塩け。つぶつぶ感も絶妙だった。添加物も着色料も加えていない。昔ながらの手作りだという。

f:id:yskanuma:20171011190054j:plain

 

もう一種類は、こしあんで道明寺餅を包んでいる。見た目は伊勢の赤福とよく似ている。こしあんのボリュームは赤福餅より厚い。

f:id:yskanuma:20171011190113j:plain

f:id:yskanuma:20171011190131j:plain

 

やや甘めのこしあんと中の道明寺餅がよく合っている。赤福餅ほど柔らか過ぎないのが、逆にいい歯ごたえと舌触りとなっている。小豆の風味もまずまず。

 

東京・向島長命寺」の桜もち(皮が小麦粉)とは、ひと味違うもち米で作った京都の桜もち。

 

東京と京都、どちらが先か?

 

このあたりは諸説あり、実ははっきりしたことは不明。いずれにせよ江戸時代初期か中期あたりに、塩漬けした桜の葉で包んだ餅が存在していたようだ。

 

それにしても観光地とはいえ、京餅菓子の実力に脱帽したくなる。

 

所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場一番地

最寄駅 JR嵯峨嵐山駅徒歩

 

 

          f:id:yskanuma:20171011190157j:plain

「宇治金時」の頂上か?

 

かき氷はあずきに限る。と書いてから「では宇治金時は?」という声がどこかから聞こえてきた。

f:id:yskanuma:20171002184441j:plain

 

では、はっきり言おう。あんこ系かき氷好きとしては、抹茶の風味とあんこは微妙に合わないと思う。ちょっとエラソーだが。

 

あんこと抹茶は器を別にして食べた方が美味い。茶席を見れば、その意味がわかるはずだ。

 

と、先日までは思ってきた。

 

東京・十条銀座商店街の「甘味喫茶 だるまや」で、「宇治金時」(税込み 980円)に出会うまでは・・・。

f:id:yskanuma:20171002184525j:plain

 

以前このブログで、この餅菓子屋(表店)の「あまおう草餅」の美味さを書いたが、奥の甘味喫茶は今や東京でも有数のかき氷の名店の一つになっている。

 

餅菓子屋としての創業は昭和22年(1947年)。

 

20分ほどの待ち時間で、ようやく「宇治金時」がやってきた。

f:id:yskanuma:20171002184653j:plain

 

ひと目で富士山のようなお姿に引き込まれてしまった。高さは20センチ近くあるのではないか。その頂上から中腹にかけて、見事なつぶあんが夢のように覆っていた。

f:id:yskanuma:20171002184754j:plain

f:id:yskanuma:20171002185233j:plain

 

その下に広がる抹茶は、注文を受けてから点(た)てる本格的な宇治抹茶で、それが羽衣のようなフワリとした削り氷を濃い緑色に染めている。時間がかかるのも無理はない。氷は三重産の純水だそう。

 

このつぶしあんが秀逸。皮まで柔らかくふっくらと炊かれていて、風味といい、ほどよい甘さといい、素材選びから作り方までこだわり方が半端ではない。

f:id:yskanuma:20171002184949j:plain

 

素材探しに日本中を駆け回る、と店の三代目が胸を張る。

 

実際これだけのつぶあんはそうはない、と思う。宇治抹茶有機栽培のものを使い、シロップは加えていない。その雑味のなさ。

f:id:yskanuma:20171002185125j:plain

すべてが有機的に絶妙に合っている。底にもつぶあん。

 

ただ三代目のこだわりには素直に脱帽するが、どうやら気が多いようで、「宇治金時」だけで、三つほどのランクがある。舌代も上がっていく。それだけはどうにもなじめない。

 

所在地 東京・北区十条仲原1-3-6

最寄駅 JR埼京線十条駅北口歩3~4分

 

 

          f:id:yskanuma:20171002185432j:plain

薄皮饅頭やっぱり美味い

 

柏屋の薄皮饅頭(うすかわまんじゅう)について書くのは気が引ける。

 

あまりにもポピュラーになっているからだ。それでもこの饅頭は避けて通れない。

f:id:yskanuma:20170924185332j:plain

 

創業が江戸時代嘉永5年(1852年)。初代が奥州街道郡山宿であんこを薄い皮で包んだ蒸し饅頭を売り出したところ、これが当たった。黒船来航の約一年前。

 

当時は砂糖が貴重だったので、現在のものより甘さは控えめで、塩が効いたものだったと思う。それでもめっぽう美味かったようだ。

 

それが五代目の今では、福島を飛び越え、首都圏でも「薄皮饅頭」と言えば「柏屋」という連想になるほどの存在になっている。

f:id:yskanuma:20170924185702j:plain

 

何よりも皮の薄さとこしあんの美味さ、それに加えて値段の安さ(1個90円=税別)が絶妙である。

 

最近はつぶあんも人気になっているが、元々はこしあんだけ。口に入れた瞬間のしっとり感と舌に溶けていくきれいな風味がとてもいい。その後味のすっきり感。

f:id:yskanuma:20170924185801j:plain

 

小豆は北海道十勝産を使用。工場で量産しているはずなのに、あんこ職人の手づくりのいい匂いが残っている。砂糖は白ザラメか。ほんのりと塩気も含んでいる。

 

全国各地にある温泉まんじゅうと同じようでいて、食感がひと味違う。皮の薄さとこしあんのボリュームがそのひと味の秘密だと思う。

f:id:yskanuma:20170924185828j:plain

 

よく見ると、薄皮の表面には網目があり、裏側を見ると、中のあんこが透けて見える。これほどのあんこ感は他の温泉まんじゅうには見られない、薄皮饅頭ならではの特徴だと思う。

f:id:yskanuma:20170924185915j:plain

 

饅頭には二つの系譜がある。一つは鎌倉時代臨済宗東福寺を開いた聖一国師が日本にもたらした饅頭(酒饅頭)。もう一つは室町時代に奈良で開業した帰化人、林浄因のふかし饅頭。

 

前者は虎屋に伝承され、後者は塩瀬総本店に引き継がれている。

 

柏屋の薄皮饅頭はそうした二つの流れから解放されていると思う。こんなに安くてこんなに美味い饅頭が当たり前のようにあることが奇跡かもしれない。灯台下暗し。

 

たまにはかしわ手を打たなければなるまい。ぼそっと独り言。気がつかなくてごめんな・・・などと。

 

所在地 福島・郡山市中町11-8

最寄駅 JR東北本線郡山駅下車歩4~5分

 

 

           f:id:yskanuma:20170924185957j:plain

神保町「こし餡どらやき」

 

こしあんのどら焼き、というのはあまりない。

 

ありそうだが、不思議にない。

f:id:yskanuma:20170917105406j:plain

 

しかもそれが明治38年(1905年)創業の老舗、となると極めて珍しい。

 

あの「上野うさぎや」でさえ、創業が大正2年(1913年)である。

 

東京・神田神保町の「亀澤堂」である。現在は4代目。

 

そのこしあんのどらやきがこれ。

f:id:yskanuma:20170917104617j:plain

 

1個税込み230円ナリ。小ぶりで皮もあんこも職人の手づくり。「うさぎや」や人形町「清寿軒」のような大きさもどっしり感もない。

 

色ムラのない見事な手焼き。手で割ると、甘いいい匂いが広がる。卵の黄身とハチミツをたっぷり使っていることがわかる黄色みの強い皮。小麦粉は国産のもの。

f:id:yskanuma:20170917104724j:plain

 

しっとり感よりふわふわ感が強い。うさぎやのようなボリューム感はない。

 

さて、こしあんのあんこ。かなり甘めできれいな食感と風味。しっとりとしていて、いいこしあんだと思う。小豆は北海道産を使用。砂糖は白ザラメか。水飴も使っているようだ。

 

つぶあんに慣れた舌から見ると、やや物足りない。洗練されたこのあじわいをどう見るか、だと思う。

f:id:yskanuma:20170917104817j:plain

 

定番のつぶあんを食べてみる。好みとしてはこちら。つぶあんのふっくら感がとてもいい。柔らかなつぶつぶ感も秀逸。こちらもかなり甘め。

f:id:yskanuma:20170917104917j:plain

 

この店の人気は「豆大福」だが、二番人気はこのどらやき

 

清寿軒とうさぎや(個人的には日本橋が好きだ)が「東京場所」の東西横綱だとしたら、ここは関脇クラスだと思う。店の佇まいも渋い。

 

愛すべき関脇、というのもあると思う。

 

古本屋巡りをした時などにはふと行きたくなる、いい和菓子屋さんであることは間違いない。

 

所在地 東京・千代田区神保町1-12-1

最寄駅 東京メトロ神保町駅下車すぐ

 

          f:id:yskanuma:20170917105122j:plain

 

 

京都の和三盆氷あずき

 

虎屋、といえば言わずと知れた和菓子界の頂点の一つ。

 

室町時代に創業し、皇室御用達の名店として君臨し、明治維新後、天皇とほとんど一緒に東京・赤坂に本店も「遷都」してきた。

 

だが、もともとは饅頭屋で、京都御所近くに旧本店がある。

f:id:yskanuma:20170909171148j:plain

 

その虎屋菓寮一条店で、「氷あずき」(税込み 1296円)をいただいた。

 

あんこ界の総本山といえなくもない。

 

庭園を見ながら、ゆったりとした気分で、「氷あずき」を待つ。

 

ガラスの器に富士山のようなかき氷。和三盆の茶色い蜜が頂上からたっぷりとかかっていた。

f:id:yskanuma:20170909171227j:plain

 

それだけで最近の派手な、奇をてらったかき氷とは違うことがわかる。

 

かき氷は水分を多く含み、スプーンで口に入れた瞬間、柔らかな洗練が自然な甘みを引き連れてくる。ヘンな例えだが、牛車に乗った高貴な味わい。その深いシンプル。

 

f:id:yskanuma:20170909171349j:plain

f:id:yskanuma:20170909171437j:plain

f:id:yskanuma:20170909171544j:plain

 

中のあずきは皮まで軟らかく炊かれていて、こってりした甘さ。量も申し分ない。

 

十分計算された氷の温度と洗練された和三盆、主役のあずき。

 

これがかき氷の頂点の味か?

f:id:yskanuma:20170909171717j:plain

 

京都に住む友人(恐るべき舌の持ち主)が、「虎屋一条店のかき氷を食べないと、かき氷は語れまへん」と言っていたことが頭をよぎった。

 

さり気なく、深い。

 

あずきは丹波産大納言かと思ったら、「いえ、十勝産です」

 

1296円は場所代も含んでいる。

 

f:id:yskanuma:20170909173657j:plain

 

所在地 京都市上京区一条通烏丸西入ル

最寄駅 地下鉄烏丸線今出川駅下車

 

 

                                 f:id:yskanuma:20170909173610j:plain

 

戦国ロマン「くるみ餅」かき氷

 

大阪・堺といえば、室町・戦国時代に世界を相手に商売を行った環濠都市国家千利休を生んだ場所でもある。

 

今は過日の面影はない。壮大なロマンのかけらも落ちていない。

 

だが、そこに室町時代末期に創業した「かん袋」がある。京都・今宮神社参道の「一文字屋和助」に次ぐ歴史を持つ超老舗餅菓子屋である。

f:id:yskanuma:20170903111746j:plain

 

「くるみ餅」が名物だが、夏は「氷くるみ餅」(シングル 税込み360円)に限る。

 

驚くなかれ700年近い歴史を持つ餅菓子で、氷を上からかけるようになったのは明治以降、製氷技術が発達してから。ひょっとしてかき氷の元祖は、この「氷くるみ餅」かもしれない。

f:id:yskanuma:20170903110851j:plain

 

とにかく美味である。かき氷は幾分湿り気を帯び、柔らかい感触。みぞれとスレスレの歯触り舌触り。

 

その下にうぐいす色のあんの世界が横たわっている。

 

このうぐいす色のあん。風味といい絶妙な甘さといい、素朴な美味さ。添加物も使っていない。

f:id:yskanuma:20170903112254j:plain

f:id:yskanuma:20170903111941j:plain

f:id:yskanuma:20170903112208j:plain

 

その下には柔らかな白玉が5個ほど。上からかかっているミルク色の白蜜と一緒にスプーンですくって口に運ぶと、何とも言えない幸せ感に包まれる。

 

さて、このうぐいす色のあんこ。正体が不明。素材も作り方も謎のまま。

 

店の人に聞いても「秘伝なので」というばかりで、ヒントすらもらえない。当代の27代目まで、一子相伝のワザというのが凄い。凄すぎ。

f:id:yskanuma:20170903112020j:plain

 

で、仕方なく堺の知人に聞いたら、「あれは青大豆。つまり青きな粉や思うで。それに砂糖と塩で味を調えてる。ホンマによくできてるで。あの秀吉も好きだったそうや」。

 

それにしてはきな粉の風味はまったく感じなかった。まるでウグイス豆のあんのよう。

 

700年近くも生き残ってきた「くるみ餅」。誤解する人が多いが、木の実のクルミは入っていない。「くるむ」から来た名前で、そのネーミングもまた歴史のロマンを誘う。

 

所在地 大阪府堺区新在家町1-2-1

最寄駅 阪堺線寺地町停留所下車歩3分

 

         f:id:yskanuma:20170903112048j:plain