週刊あんこ

和スイーツの情報発信。あんこ界のコロンブスだって?

「こち亀」伊勢屋のうぐいす餅

 

うぐいす餅の美味しい季節、である。

f:id:yskanuma:20200220111001j:plain

 

うぐいす餅だって? よーく考えたら、ウイットに富んだ美しいネーミングではないだろうか。

 

命名者はなんとあの豊臣秀吉で、作ったのは奈良・大和郡山市にある「本家菊屋」初代というのが定説になっている。本家菊屋は創業が天正13年(1585年)のスーパー老舗。現在26代目というから驚く。

 

数年前、あんこ旅で訪ねた時に、店先で賞味したが、大きさは現在のものよりもかなり小さかった(ウズラの卵大)が、つぶあん求肥餅で包み、青きな粉をまぶした姿は、現在のものとほとんど同じだった。

 

味わいも上質で、秀吉の弟・秀長(大和郡山城主)が茶会でこれを出したとき、珍しい物好きの秀吉が大喜びし、色と形から「うぐいす餅とせよ」と命じた話が菊屋に伝わっている。多分、10個くらいぺろりと平らげたのではないか?

 

それから一気に435年後

f:id:yskanuma:20200220111132j:plain

 

こち亀」で有名な東京の下町・亀有の葛飾伊勢屋本店」で、見つけたのがこのうぐいす餅(税別130円)。

 

秀吉が食べたうぐいす餅の5~6倍くらいの大きさで、同店の名物・豆大福や草大福、蒸しきんつばの間に春の予感を漂わせていた。

f:id:yskanuma:20200220111309j:plain

f:id:yskanuma:20200220111335j:plain

 

某局のディレクターと世間話後に立ち寄ったので、遅い時間になった。

 

下町の和菓子屋の実力は侮れない。

 

うぐいす餅、豆大福、草大福、蒸しきんつばの順で買い求め、自宅で賞味した(賞味期限が本日中だったので)。

f:id:yskanuma:20200220111535j:plain

f:id:yskanuma:20200220111743j:plain

f:id:yskanuma:20200220111807j:plain

 

青きな粉と求肥餅の柔らかさ。

 

中はつぶあんではなく、こしあん。北海道産小豆とザラメを使用した自家製餡で、なめらかな舌触りと控えめな甘さ、それに塩加減のバランスがいい。

f:id:yskanuma:20200220111911j:plain

 

130円という下町価格も好感。本家菊屋のうぐいす餅が頂点なら、これはダウンタウンの愛すべき底辺と言えるかもしれない。

 

私の好きな世界でもある。

 

絶妙な上質の豆大福、よもぎの香りの草大福、そして特に好みの蒸しきんつばと食べ進んでいく。

f:id:yskanuma:20200220112058j:plain

f:id:yskanuma:20200220112220j:plain

 

たまらない黄金の時間。

 

うぐいす餅以外はつぶあん塩気が強めで、それが素朴な小豆の風味を運んでくる。

 

赤えんどう豆、よもぎ、青きな粉・・・組み合わせ次第でそれぞれのあんこが自己主張を変えているのが面白い。

f:id:yskanuma:20200220112313j:plain

f:id:yskanuma:20200220112336j:plain

 

江戸時代、「伊勢屋、稲荷に犬の糞」と揶揄(やゆ)されたほど、伊勢屋の屋号が江戸中に点在していた。伊勢屋(ルーツは伊勢商人)は呉服商をはじめ、食事処・酒・醤油業にも広がったが、和菓子屋にも爆発的な伊勢屋ブームがあったようだ。

 

葛飾伊勢屋の創業は昭和40年(1965年)と浅い。現在2代目だが、初代の女将さんもご健在。北千住にも支店があり、足場を下町の下町(変な表現だが)に置いているのが、個人的には素晴らしいと思う。

 

江戸⇒東京の中心は下町だと思う。

 

こち亀」の両さんも仕事中にこの店に買いに来ていた、そんな気がするのだった。

 

所在地 葛飾区亀有3-21-1

最寄駅 常磐線亀有駅から歩いて約3分ほど

 

 

            f:id:yskanuma:20200220112549j:plain

 

 

 

 

「ウイスキーと羊羹」試してみる

 

新型コロナウイルス症候群で気が滅入るので、本日は特別編(笑)。

 

テーマはお酒とあんこの恋愛

 

フツーに考えると、ミスマッチだが、先入観を捨ててみると、これが「案外イケるじゃん」に変わるのではないか?

f:id:yskanuma:20200217103457j:plain

 

例えば、羊羹(ようかん)とウイスキー

 

今回は日光「吉田屋羊羹本舗」のひと口羊羹3種類(煉り、塩、大納言)を用意した。

f:id:yskanuma:20200217103535j:plain

 

特別ゲストとして、豊橋「絹与(きぬよ)」の2色羊羹(久礼羽=くれは)との相性も試してみた。この結果は最後に。

 

ウイスキーは酒棚から「スーパーニッカ」(小瓶)と「ニッカピュアモルト 蔵出しウイスキー」を出した。基本的に今回はオンザロックで試すことに。

f:id:yskanuma:20200217103620j:plain

 

あんこソムリエになった気分(笑)。

 

まず3種類の中で、もっともマッチしているかな、と感じたのは、「煉り」だった。

 

賞味の仕方は以下の通りです。

 

まず羊羹をひと口⇒それを味わってから、ウイスキーをゆっくりと流し込む⇒相性と余韻を楽しむ⇒それを繰り返す。

f:id:yskanuma:20200217103733j:plain

 

煉りのきめ細やかさがオーク樽の芳醇な香りで消されるかと危惧したが、そうでもなかった。控えめな煉りの風味が、ウイスキーの猛烈な春一番の下で、しっかりと残っている感じ。このギャップが意外にいい。もちろん個人的な感想だが。

f:id:yskanuma:20200217103815j:plain

 

塩と大納言も悪くはないが、予想に反して、煉りほどの相性の良さは感じなかった。羊羹のクセが少し強すぎて、ウイスキーがちゅうちょ。お互いに恋愛を嫌がっている印象。

 

ウイスキーと羊羹の組み合わせは、敬愛する作家の開高健がエッセイの中で書いている。羊羹は虎屋の「夜の梅」だったが(笑)。開高健の独特の感性と趣味の良さ(?)がよく表れていると思う。

 

お酒と和菓子の相性については、池波正太郎の方が達人の領域だったと思う。きんつばや饅頭など「あんこ好き」は筋金入り。

 

酒席の後、ふらりと神田・須田町の「竹むらに立ち寄って、お汁粉で仕上げを楽しんでいたという。

 

今回はウイスキー編だが、日本酒(辛口)や焼酎、白ワイン編も気が向いたときにレポートしたい。どうなることやら(ほろ酔い)。

f:id:yskanuma:20200217103903j:plain

 

最後に「絹与」の「久礼羽(2色羊羹)」との組み合わせ。結論から言うと、これは別格だった。羊羹自体のなめらかな洗練と抑えられた甘みがピュアモルトと意外な相性を見せてくれた。ブランデーも合いそうだ。「ほう」の世界。

 

とりあえず結論。いい羊羹にはウイスキーを飲み込んでしまう包容力があると思う。

 

あんこの女神と酒神バッカスの出会い。

 

新しい組み合わせをこっそり楽しむのも、そう悪くはないと思う。甘い密会? 下戸には禁断の世界なので、取り扱い注意ですが(笑)。

 

 

             f:id:yskanuma:20200217104128j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旬の草餅vs「ヨモギあんころ」

 

ぼちぼちヨモギの香り立つ季節。

 

あんこ好きにとっては、草餅(ヨモギ餅)のシーズン、と胸がピコピコする季節なのである。舌先のベルも鳴る。胃袋もわめく(ほとんどビョーキだよ)。

 

あんこ旅の途中で、その名店の一つに行ってきた。

 

尾張名古屋の庶民的な老舗和菓子屋「菊里松月(きくざとしょうげつ)」の逸品がこれ。

f:id:yskanuma:20200213101314j:plain

 

どうです、この堂々とした、ドヤ顔のお姿。相撲で言うと、アンコ型。

 

創業が大正12年(1923年)、現在3代目。ここの草餅は創業当時からほとんど同じ作り方をしているもので、サイズも素朴にデカい。5月までの期間限定品。

f:id:yskanuma:20200213115614j:plain

f:id:yskanuma:20200213115855j:plain

 

1個220円(税込み)。気持ち高めだが、それ以上にヨモギ餅の美味さと中のつぶあんの質とボリュームに圧倒される。

f:id:yskanuma:20200213115942j:plain

 

濃いヨモギ(岐阜産)を練り込んだ柔らかな餅とつぶあんのふくよかな甘さがマッチしている。

 

たまたまいらした3代目によると、「使っている小豆は十勝産の雅(みやび)です」。ちなみに砂糖は白ザラメとか。

f:id:yskanuma:20200213120101j:plain

 

普通の小豆より高価な大納言小豆で、つぶしても美味いと言われる小豆でもある。

 

美味いはずだよ。塩気もほんのり。

f:id:yskanuma:20200213120201j:plain

 

その二つが口の中で絶妙に爆発する。その後の春風を引き連れて。

 

シンプルだが、奥の深さ。

 

もう一品、研究熱心な3代目が新しく作り上げたのが「まつづき」(税込み 220円)。店名をひらがな読みしたところに店主の心意気を感じる。

f:id:yskanuma:20200213120257j:plain

f:id:yskanuma:20200213120322j:plain

 

わかりやすく言うと、ヨモギのあんころ。ありそうでなかなかない、コロンブスの卵のようなすぐれモノだと思う。

 

こちらもデカいので、一見おはぎのように見えるが、中のヨモギ餅をこしあんで閉じ込めている。職人のきれいな手の匂いもする。

f:id:yskanuma:20200213120401j:plain

 

このこしあんがなめらかで上質。むろん自家製。やや控えめな甘さで、十勝産雅の風味を見事に生かしていると思う。

 

ヨモギ餅の新旧あんこ対決、と言えなくもないが、どちらも不思議に懐かしい。

 

実は名古屋にはいい和菓子屋が多いが、こうした餅菓子屋さんが町中に自然に存在している。歩くとそれがよくわかる。

 

京都の陰に隠れているが、尾張名古屋の奥も深い。

 

賞味期限が「本日中」なので、夕飯後にホテルに戻って、2個ぺろりと平らげる。別腹。名古屋のあんこのレベルに想いを致してみる。

f:id:yskanuma:20200213120453j:plain

f:id:yskanuma:20200213120554j:plain

 

あっぱれ、と小さく呟いてみる。

 

中村郷中村(現中村区)出身と言われる豊臣秀吉が大のあんこ好きだった、という説もある。見たわけではないので、裏は取れていないが。

 

尾張名古屋は和菓子で持つ。もとい、あんこもあるでよ。

 

所在地 名古屋市中区新栄3-23-10

最寄駅 地下鉄千草駅下車歩約10分

 

 

            f:id:yskanuma:20200213120637j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地下街の王道「小倉トースト」

 

本場・名古屋で小倉トーストを食べる。

 

これはあんこ好きにとっては避けられないスイートロードの一つではないか?

 

数ある有名店の中で、あんこのボリュームが半端ではない、伏見地下街にある「ゴルドカフェ」へ。だが、あんこの神様はいたずら好きだった。

 

「もうメニューには出していないんですよ」。

 

で、教えてくれたのがすぐ近くにある茶店「びーんず」だった。

 

これが王道を行く、厚いバタートーストに小倉あんたっぷりの、見事な小倉トーストだった。

 

それがこれ。

f:id:yskanuma:20200205120839j:plain

 

情報誌やネットでは個性的な小倉トーストが数多く紹介されているが、新しければいいというものではない、と思う。

 

「びーんず」は昭和57年(1982年)創業の喫茶店で、プレスリーやモンロー、ビートルズのブロマイドなども置いてある、昭和のよき喫茶店。マスターはミニクーパーの収集家でもある。パスタやカレーなど食事メニューも充実していて、サラリーマンやOLなど常連客も多い。

f:id:yskanuma:20200205121826j:plain

 

モーニングは終わっていたので、単品を頼むことにした。ブレンドコーヒーとのセットで650円(税込み)なり。

 

小倉トーストに関しては特に有名店ではないので、期待半分で注文したが、期待は裏切られるためにある?(今回はいい意味でだが)

f:id:yskanuma:20200205120949j:plain

 

木のプレートに乗った、山型食パンは厚さが2・5センチは優にある。それが二つに切り分けられている。生クリーム(別皿)も添えられていた。

 

バターが塗られていて、その上にどっかと置かれたテカリのある小倉あんは緩め。甘めで小豆の風味が濃い。こんがり焼けた山型食パンとの相性がとてもいいと思う。

 

つい目を閉じたくなる、香ばしい美味さ。口の中の天国。

f:id:yskanuma:20200205121246j:plain

f:id:yskanuma:20200205121308j:plain

 

小倉あんは製餡所(井村屋)のものにマスターがアレンジを加えているとか。

 


山型食パンの美味さと香ばしいバターの塩気が、主役の小倉あんをバランスよく引き立てている。

 

奇をてらわない王道のスタイルが好ましい。

f:id:yskanuma:20200205121402j:plain

 

生クリームを合わせると、バニラの香りが加わって、味わいを二度楽しめる。

f:id:yskanuma:20200205121632j:plain

 

ここにも1+1+1=5のあんこの世界がある。

 

小倉トーストの元祖は、大正10年までさかのぼるようだ。この近く、伏見にあった「喫茶 満つ葉」(元は和菓子屋だった?)が、大正モダンの流れの中で、トーストにぜんざいを乗せて出したのが初めて、と言われる。

 

BGMの「ホテルカリフォルニア」が心の奥に届く。スイートな金色の時間(カッコつけすぎだぎゃあ)。

f:id:yskanuma:20200205121725j:plain

 

昭和のレトロな地下街で出会った、隠れ名店の小倉トースト。名古屋にはいい和菓子屋さんが多いが、小倉トーストの太い枝葉もすっかり定着している。

 

あんこの神様は気まぐれだが、やっぱりいる?

 

所在地 名古屋市中区錦2-13-24(伏見地下街)

最寄駅 地下鉄伏見駅歩約1~2分

 

 

             f:id:yskanuma:20200205121932j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10代続く豊橋「絹与」の羊羹3種

 

羊羹(ようかん)というと「とらや」があまりに有名だが、幻のあんこを探す旅を続けている途中で、あんビリーバボーな羊羹屋さんを訪ねることにした。

 

5~6年前から「一度は行くべき店」として金星を付けていた、羊羹をメーンにした上和菓子屋さんでもある。特に夏場限定の水ようかん「む羅さき」は予約しないと手に入りにくいとも言われる。

 

コアな羊羹好きの間では知られた存在。

f:id:yskanuma:20200130145956j:plain

 

東海道本線豊橋駅からチンチン電車(市電)で札木下車、呉服町に店を構える「御菓子所 絹与(きぬよ)」。6年越しの甘い夢が今回ようやく実ったというわけである。

f:id:yskanuma:20200130150153j:plain

 

創業が何と享保19年(1734年)、現在10代目。一子相伝で昔ながらのきめ細やかな羊羹づくりを続けている、超レアな店でもある。旧吉田藩の城下町でもあり、東海道五十三次「吉田宿」で栄えた場所でもある。

 

「羊羹の歴史の滴り」を固めたような3棹だけ、今回はテーブルに載せたい。その宝石のようなお姿がこれ。

f:id:yskanuma:20200130150314j:plain

f:id:yskanuma:20200130150337j:plain

f:id:yskanuma:20200130150433j:plain

 

正座して食べたくなる羊羹で、「小豆(煉り羊羹)」(1棹 税別1200円)、「今宵の友(和三盆を使った煉り羊羹)」(同 1600円)、「久礼羽(白大福豆を2色に煉り上げた羊羹)」(同 1300円)の3種類。

 

それぞれに上質の味わいを感じたが、個人的に最も気に入ったのが「今宵の友」。

f:id:yskanuma:20200130150539j:plain

 

竹皮を取り、銀紙で丁寧に包まれた羊羹を切る。

 

本体が現れる。1棹の長さは192ミリ、幅45ミリ、高さは28ミリほど。

f:id:yskanuma:20200130150616j:plain

f:id:yskanuma:20200130151607j:plain

f:id:yskanuma:20200130150658j:plain

 

見事なテカリと小倉色、窓から差し込む光で、周辺部がほのかに明るい。

 

砂糖は9代目が探し求めた阿波の特別な和三盆を使っている。

 

口に入れた瞬間、北海道十勝産小豆のきれいな風味と深いコクが穏やかに広がってきた。ふわり感がすごい。

f:id:yskanuma:20200130151001j:plain

f:id:yskanuma:20200130150836j:plain

 

ほどよい甘さ、なめらかなねっとり感、しっかりした歯ごたえ、長い余韻・・・羊羹の持つ特性を突き詰めていくとこうなるのか、という絶妙な味わいで、その奥に一子相伝の根を詰めた作業が想像できる。

 

「小豆」は本煉り羊羹で、小豆の粒々はない。「今宵の友」と違うのは使用している砂糖が白ザラなこと。なので、こしあんの美味さがストレートに伝わってくる。味わいはすっきりとした、きれいな余韻が特徴。

f:id:yskanuma:20200130151311j:plain

f:id:yskanuma:20200130151048j:plain

 

白と紅の「久礼羽(くれは)」は見た目の美しさとシンプルな味わい。白大福豆のクセのない風味と食紅で赤く染め上げた2色の層が、若き羊羹職人としての10代目の腕の精進を感じさせる。

f:id:yskanuma:20200130151119j:plain

f:id:yskanuma:20200130151216j:plain

f:id:yskanuma:20200130151233j:plain

 

「あん作りから手作業で自家製という羊羹屋は極めて少なくなってきていますね」(9代目)

 

店を訪ねた時、幸運なことにその現場を見せていただいた。長い木べらを使い、信州茅野産の角寒天と合わせ、砲金の釜で少量ずつじっくりと練り上げていく。付きっきりの作業が続く。

f:id:yskanuma:20200130151730j:plain

f:id:yskanuma:20200130151759j:plain

 

「小豆の顔を見ろ、丁寧にあんから自分で作れ。これが先代からの教えなんですよ。砂糖焼けしないギリギリのところで踏ん張る。一瞬も気を抜けないから大変なんですよ」(9代目)

 

少量製造の極致とも言える。若い10代目とそれを見つめる9代目。私にとっては奇跡の時間でもある。一子相伝の、280年以上の気の遠くなるような歴史が木べらの先で、一筋の光の線になっていくよう(困った、うまく表現できない)。

 

「できました」と10代目。

f:id:yskanuma:20200130151831j:plain

 

煉りあがった羊羹は舟(型)に流し込み、1週間ほどかけて「おさまる」のを待つ。

 

そうして出来上がった羊羹を1棹ずつ切っていく・・・残念ながらそこまでは滞在できなかったが、その一端はほんの少しだが、垣間見ることができた。

 

へえーと思ったのが、最後の仕上げにハチミツを少し入れること。糖化を防ぐための「絹与」直伝の技でもある。

 

その汗と技の成果を幸せホルモンに包まれながら賞味する。食べ終えると、かしわ手を打ちたくなった。これは夏場も行かなくてはなるまい。

 

所在地 愛知・豊橋市呉服町61

最寄駅 東海道新幹線豊橋駅から市電「札木」下車

 

 

             f:id:yskanuma:20200130152019j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利の驚き、五代目の豆大福

 

あんこ旅には思わぬ発見がある。

 

それがローカルであればあるほど喜びも倍増する。

 

今回は関東の古都・足利で見つけた絶品豆大福を書きたい。

 

百の言葉より、とにかく見ていただきたい。

f:id:yskanuma:20200123113353j:plain

f:id:yskanuma:20200123113441j:plain

 

メーンスポット、足利学校や国宝・鑁阿寺(ばんなじ)から歩いて5分ほどの場所にひっそりと暖簾を下げる、「上州屋餅店」(じょうしゅうやもちてん)。平日なので人通りは少ない。たまたま午後3時過ぎに、軽い気持ちで入ってみた。

f:id:yskanuma:20200123113620j:plain

 

豆大福やだんご、粟餅などの文字が見えたが、ほとんどきれいになくなっていた(大福だけが少し残っていた)。

 

申し訳なさそうに「午前中ならあるんですけど、今日は売り切れてしまって」と五代目の奥さん。板場の奥で五代目店主が仕込みをしている姿が見えた。いい職人の気配。杵の餅つき機も見えた。

 

これはシンプルな地味系だが、ひょっとして凄い店ではないか?

 

後日、出直すことにした。約1週間後、午前10時に再び暖簾をくぐった。

f:id:yskanuma:20200123113656j:plain

 

豆大福(税込み 140円)、大福(同130円)、それにあんこ玉(同130円)を買い求め、固くなる前に試食することにした。無添加なので、早めに食べるに限る。

f:id:yskanuma:20200123113807j:plain

f:id:yskanuma:20200123113840j:plain

 

豆大福の大きさは原宿「瑞穂」や青山「まめ」より少し小ぶりだが、標準的な大きさ。

 

たっぷりの餅粉、驚くべきは黒々とした大粒の赤えんどう豆の多さ。

 

東京三大豆大福と比べても、勝るとも劣らない、本物の存在感が内側から淡い光を放っているようだった。ていねいな仕事ぶりが透けて見える。

f:id:yskanuma:20200123114004j:plain

 

あんこの神様が宿っているかもしれないぞ。

 

餅屋の餅の凄み宮城県産みやこがねを使用、それを毎朝搗いている。柔らかく、しかもしっかりとした歯ごたえがある。赤えんどう豆は北海道産、少し塩気があり、やや固めなのが好み。きりっとしていてお見事な炊き方だと思う。

 

中のつぶあんは甘さを抑えていて、ふくよかなしっとり感はとても上質。それがたっぷりと微笑んでいるようにさえ見える。

f:id:yskanuma:20200123114122j:plain

f:id:yskanuma:20200123114223j:plain

 

すぐに小豆のいい風味が口の中で立ってきた。塩気はほとんどない。つぶあんこしあんの違いはあるが、京都の出町ふたばの豆餅を思い出した。足利でかような出会いがあったことに少し驚きながら。

 

大福は中がこしあんで、こちらも控えめな甘さで上質。

f:id:yskanuma:20200123114328j:plain

 

地元では知られた名店だが、全国的にはおそらく無名に近いと思う。

 

創業が明治40年(1907年)。5代目によると、初代は新潟から出てきて、酒屋を営んでいた。「上州屋」という屋号はその時代の客筋が上州に多かったことから来ているようだ。2代目のときに餅屋に転身。それが現在もしっかり続いている。

f:id:yskanuma:20200123114500j:plain

 

驚きは素材の小豆。北海道産を使う和菓子屋さんが多いが、地場の大納言小豆(栃木産)を使用している。砂糖は白ザラメ。素材へのこだわりが半端ではない。

 

「ここの大納言小豆は丹波なんですよ。いい小豆なんです。でも、去年の台風で被害が大きかったので、これからは仕入れにくくなるかもしれません」(5代目)

f:id:yskanuma:20200123114542j:plain

f:id:yskanuma:20200123114604j:plain

 

「あんこ玉」は2個つながりで、こちらも宝石のような美しさで、こしあんのきれいな余韻とともに、シンプルだが見事な職人ワザだと言いたくなる。

f:id:yskanuma:20200123114911j:plain

 

すべてがコスパ的にもスーパーだと思う。

 

こういう背筋のピンとした店が派手な宣伝もせずに、百年以上もシンプルな暖簾を下げている。お釈迦様もご存じあるめえ。つい、そんなジョークを言いたくなった。

 

所在地 栃木・足利市家福町2163

最寄駅 東武伊勢崎線足利駅から歩約10分

 

             f:id:yskanuma:20200123115041j:plain



 

 

寅さんも仰天?漬物屋の「巨大いちご大福」

 

いちご大福のおいしい季節だが、「ン?」と目が点になる、ちょっと驚きのいちご大福と出会ってしまった。

f:id:yskanuma:20200116183908j:plain

 

男はつらいよ」の舞台、柴又帝釈天参道でのこと。漬物と和菓子の老舗「い志ゐ(いしい)」の前で「フーテンどら焼き」(税込み1個200円)に好奇心がむくむく。

f:id:yskanuma:20200116184209j:plain

ある種の観光地のノリ、と軽く考えて、それを2個だけ買い求めてから、ふと視線を移すと、不思議系特大のいちご大福と目が合ってしまった。サイズは並と特大。

f:id:yskanuma:20200116184033j:plain

 

これはスゴ! 

 

「野菜ソムリエのいちご大福」(特大 税込み460円)と手書き表記してあった。

 

数秒ほどニラメッコしてしまった。

 

「い志ゐ」は創業が文久2年(1862年)。元々は呉服屋で、店の常連客などにお茶と一緒に漬物や和菓子を出していて、それが評判を呼んだという。

f:id:yskanuma:20200116184126j:plain

 

3代目のときに漬物屋を始め、京都の「仙太郎」で修業した4代目が和菓子も始めたという面白い歴史を持っている。

 

呉服→漬物→和菓子。ダウィーンも驚きの進化ではないだろうか?

 

スキップしながら(死語かな?)自宅に持ち帰って、日持ちのしない「野菜ソムリエのいちご大福」を賞味することにした。

f:id:yskanuma:20200116184411j:plain

 

特大なので、店のお方が紙箱に入れてくれた。たとえ1個でもこの心遣いが柴又、だと思う。

f:id:yskanuma:20200116184449j:plain

 

重さを量ると130グラムもある。高さは6センチ、底も幅6センチ。普通のいちご大福より二回りはデカい。山型の見事ないちご大福で、外側の求肥餅には粉雪(餅粉)がうっすらとかかり、あんこといちごが透けて見える。

f:id:yskanuma:20200116184522j:plain

 

そのデカくて美しいお姿にひれ伏したくなった(バーカじゃないの?)。

 

いちご大福の横綱級だと思う。

 

いやいやそうじゃない・・・と首を横に振る。「男はつらいよ」のマドンナに例えるべきで、フルーツ大福界の松坂慶子が近いかもしれないぞ。

 

心の中であんこの神様に二礼二拍手一礼してから、包丁を入れる。

f:id:yskanuma:20200116184552j:plain

 

見事な白あんに包まれた、甘い果汁が滴るような、巨大いちごが現れた。

f:id:yskanuma:20200116184632j:plain

f:id:yskanuma:20200116184709j:plain

f:id:yskanuma:20200116184732j:plain

 

求肥餅の上質な柔らかさ。その下の白あんは北海道産手亡(てぼう=白いんげん豆)のこしあんで、5~7ミリほどの厚み。しっとりとふくよか。ほどよい甘さときれいな風味がわき役の立場を超えないぎりぎりの範囲でふわりと広がる。砂糖は和三盆か? かすかに塩気。

f:id:yskanuma:20200116184803j:plain

 

それだけでこのいちご大福の凄みがわかる。和菓子職人としての4代目の腕は確かだと思う。

 

巨大いちごは「時期によって違いますが、今の時期はスカイベリーです」(女性スタッフ)。栃木産のプレミアムいちご。あまおうを使うこともある。

f:id:yskanuma:20200116184836j:plain

 

コクのある果実味、滴るような甘さが噛んだ瞬間、絶妙な化学変化を起こすよう。そんな感じ。求肥餅と白あんとワンチームになって、1+1+1=5の世界を現出させる・・・(比喩がどうかな)?

f:id:yskanuma:20200116184923j:plain

 

オーバーではなく、これは新たなマドンナだと思う。

 

まんじゅう好きだったとも言われる寅さん=渥美清がこれを食べたら、きっと小さな目を思いっきり見開いて、「おい、さくら! これってホントにダ、ダイフクかい?」と言いそうな気がする。

f:id:yskanuma:20200116184950j:plain

 

白あんの他にこしあん版も食べたいなあ(残念ながら白あんのみ)。

 

「フーテン寅(どら)焼き」もただのウケ狙いかと思ったら、ふわりとした手焼きの皮と中の粒あんの質が高い。皮とあんこに生クリームとピーナッツオイルが入っているようで、4代目はチャレンジ精神豊かな、どうやら新しい温故知新を目指しているようだ。

f:id:yskanuma:20200116185041j:plain

f:id:yskanuma:20200116185104j:plain

f:id:yskanuma:20200116185155j:plain

 

柴又は観光地でもあるが、こうした腕のしっかりした職人による新しい試みは歓迎したい。ちなみに4代目は野菜ソムリエの資格も持っているそう。

 

買う前は460円は高いかな、と一瞬思ったが、食べ終えると、納得がいく。余韻の長さも付け加えたい。

 

甘いおまけ。上映中の男はつらいよ50 お帰り寅さん」は、予想よりも素晴らしい出来で、見終わってからしばらく席を立ちたくなかった。よき部分の昭和の後ろ姿と寅さんの去り行く後姿が重なった。俗が聖になるって、こういうことを言うのかな、と思ったりして。えっ、男(あんた)はあまいよだって?

 

所在地 東京・葛飾区柴又7-6-20柴又帝釈天参道

最寄駅 京成金町線柴又駅下車 歩いて約3~4分

 

             f:id:yskanuma:20200116185357j:plain