週刊あんこ

和スイーツの情報発信。あんこ界のコロンブスだって?

こしと粒の合体「松本の老松」

 

こしあん×粒あん切ない恋愛=老松(おいまつ)。

 

そんなジョークを言いたくなる、あんこの和菓子と信州・松本市で出会った。

f:id:yskanuma:20181213110313j:plain

 

御菓子司「開運堂」の開運老松(かいうんおいまつ)である。1本税込み1101円。大きいので思ったほどは高くはない。

 

まずはそのしぶ~いお姿を見てほしい。

f:id:yskanuma:20181213110414j:plain

f:id:yskanuma:20181213110813j:plain

 

ロールケーキのように楕円形の長い、淡いこしあん色のスポンジ(?)。表面には老いた松の表皮ような、ひび割れがいくつか走っている。よく見ると、松の実が点々と埋まっている。

 

この凝り具合に和菓子職人の腕と暖簾の歴史が垣間見える。

 

中はどうなっているんだろう? 

f:id:yskanuma:20181213110500j:plain

 

包丁で切ると、中心部には濃い小倉色の粒あんが詰まっていた。

 

試食すると、外側はスポンジだと思っていたが、違っていた。繊細な舌触りで、軽やかにいずこかへとスーッと溶けていく。和三盆のようなきれいな甘み。老松というより羽衣みたい。

f:id:yskanuma:20181213110617j:plain

 

中のつぶあんは濃厚で、二つが口の中で交じり合うと、口溶けのよさときれいな小豆の風味が絶妙なマッチングとなる。かすかにシナモン(ニッキ)の香りもする。

 

この味わいは何だ? 

f:id:yskanuma:20181213110650j:plain

 

開運堂本店につい電話取材したくなった。あんこ好きのサガ。

 

「外側のスポンジみたいなのは北海道産大手亡(おおてぼう)なんです。白あんのこしあんです。卵の黄身も使って、黄身しぐれのように仕上げてるんですよ。中の粒あんは十勝産えりも小豆で、限定区域のものを使ってます」

 

外側にはひょっとしてこしあんブレンドしている? 

 

すべてを解き明かすのは礼儀に反する。

f:id:yskanuma:20181213110934j:plain

 

「開運堂本店」は創業が明治17年(1884年)。それ以前は呉服業を営んでいたようだ。江戸時代から続く老舗なのは間違いない。菓子屋になってからは現在4代目。

 

立派な店構えで、和菓子をメーンに洋菓子も売っている。

 

渋茶を飲みながら、この精緻な「開運老松」を味わっていると、来年は何かいいことが起きそうな予感がかすかにしてきた。運が開けますように。柄にもなくそんな思いが口から出そうになった。まさか?

 

所在地 長野・松本市中央2-2-15

最寄駅 JR松本駅お城口から歩約5分

 

              f:id:yskanuma:20181213111014j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おまん」のミラクル、玉英堂「玉饅」

 

京都で「おまんやさん」と言えば、饅頭(まんじゅう)などを売っている町の和菓子屋さんのこと。愛すべき下々の世界。上菓子屋とは一線を画している。

 

私が大好きな世界だが、この饅頭にもヒエラルキー(階級)がある。その最高峰(エベレスト級?)に位置する饅頭をとうとう買ってしまった。今回はおまんやさんではなく、上生菓子屋の饅頭、である。ま、たまにはいいかという気分。

 

見た目は大きな白い饅頭だが、二つに切ると、ちょっと驚かされる。

 

それがこれ。

f:id:yskanuma:20181206124059j:plain

 

東京・人形町「玉英堂彦九郎(ぎょくえいどうひこくろう)」の「玉饅(ぎょくまん)」である。五色饅頭、と言ったほうがわかりやすいかもしれない。

 

1個がなんと680円(税込み)。値段もたけ~。

f:id:yskanuma:20181206124204j:plain

 

なので、これを買うには財布と相談する必要がある。ここは創業がなんと(今日はなんと、が多い)天正4年(1576年)、京都三条大橋のたもとで店を始めたという。織田信長安土城を築城した年でもある。店主は24代目。二度びっくら。

 

「とらやき(虎家喜)」が有名だが、古くからの主役はこちら。現在の日本橋人形町に移転したのはつい最近で、昭和29年(1954年)。つい最近、と言いたくなる(笑うしかない)。

 

虎屋など上菓子屋が作る薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう=皮に山芋やつくね芋を練りこんだ饅頭)で、塩瀬饅頭などとともに、この「玉饅」はその最高峰に位置すると思う。あんこ好きにとっては一度は食べてみたい夢の饅頭・・・。

f:id:yskanuma:20181206124244j:plain

 

f:id:yskanuma:20181206124354j:plain


何はともあれ、賞味することにしよう。だが、慌ててはならない。まずは五色の優美な世界を目で楽しむ。フツーの饅頭の3倍くらいの大きさ。

 

真ん中に蜜煮した栗、それを囲むようにつぶしあん、さくらあん、淡いうぐいす色の白あんが層になっていて、そして絹のようなつややかな皮が全体を包んでいる。

f:id:yskanuma:20181206124744j:plain

 

3色のあんこがあまりに上品で、それぞれに淡い香りが秘められている。

 

あっさりとした、きれいな甘さで、私が好きな野暮ったい庶民的なあんことは食感がまるで違う。さらさらと口溶けのいい、貴種のあんこ。

 

上質のかるかんのような皮が秀逸。栗も柔らかくて、3色のあんことともに口中に運ぶと、絶妙な弦楽器五重奏のような味わい。うまく表現できない。

f:id:yskanuma:20181206124702j:plain

f:id:yskanuma:20181206124910j:plain

 

胃にたまらないのが不思議で、ずしりと重いのに味わいは軽やか。きれいな余韻。

 

北海道産白小豆と大納言小豆を使用しているようだ。砂糖は和三盆かグラニュー糖だと思う。淡いきれいな色はクチナシで着色している?

 

作り方は一子相伝で、秘伝中の秘伝となっている。24代目当主がこの超老舗の歴史を守っている。なので想像するしかない。

 

かような上用饅頭を食べると、しばらくは下界に戻れなくなるかもしれないな。

 

十二単(じゅうにひとえ)の世界が頭の中をくるくる回っている。

 

冗談じゃないよ~。

 

所在地 東京・中央区日本橋人形町2-3-2

最寄駅 東京メトロ人形町駅、水天宮駅 歩約3~4分

 

 

            f:id:yskanuma:20181206124947j:plain

 

【お知らせ】 甘いニュースです。 「マネ会」というビビッドなサイトに私の「あんこ道楽」が掲載されました。よかったらご覧ください。https://hikakujoho.com/manekai/entry/20181206

 

 

 

常陸太田の奇跡「笹だんご」

 

和菓子好きの知人から面白い情報が入った。

 

新潟の笹だんごそっくりの餅菓子が茨城にある、というのである。

 

しかも由来があの水戸黄門徳川光圀)にまでさかのぼる、という。

 

かつては十軒以上が地元の名物として作っていたが、今では一軒だけ。それも元祖の店だという。

 

まさか? 正直に告白すると、私も知らなかった。

 

それがこれ。見た目は新潟の笹だんごそのもの。

f:id:yskanuma:20181129112828j:plain

 

歴史のある、古い蔵や町家が今でも残る鯨ケ丘(くじらがおか)通りにその店「元祖 なべやがあった。

 

店のたたずまいに胸がときめいた。

f:id:yskanuma:20181129112716j:plain

 

ここでは「笹だんご」とは呼ばず、「粽(ちまき)」と表記してあった。

 

1個130円(税別)。実直そうな4代目と雑談しながら、5個つながり(同650円)を買い求めた。外観はどう見ても笹だんご。

f:id:yskanuma:20181129111755j:plain

 

その9時間後、自宅に帰ってから夜8時過ぎの遅い賞味となった。賞味期限が「本日中です」と言われたからである。むろん添加物などは使っていない。

 

濡れた熊笹を剥くように取ると、中から白い餅が見え、うっすらとあんこが透けていた。もち米ではなく、常陸コシヒカリを搗(つ)いたうるち米のだんご。

f:id:yskanuma:20181129112939j:plain

 

中はこしあん控えめな甘さで、さらさらとした舌ざわり。北海道十勝産のいい小豆の風味。塩気がほんのりあり、このローカルの老舗がかなりの腕の職人だとわかった。

f:id:yskanuma:20181129113017j:plain

 

朝作っているので、多分10時間は経過している。そのせいだろう、うるち米の皮は幾分固くなっていた。

 

作り立てを食べるべきだった、といささか後悔。

 

それでも新潟の笹だんごとは一味違う、素朴な美味さだった。立て続けに3個食べてしまった。一緒に買ったきんつばも上物だった。

 

4代目によると「元祖 なべや」の創業は明治8年(1875年)。元をたどれば、水戸光圀にまでたどり着く。家臣の佐々介三郎(助さんのモデル)を連れて越後に旅した際に、笹だんごと出会い、それを西山荘(光圀の隠居所)のある常陸太田に持ち帰って、地元の人に伝えた。江戸時代を通じて少しずつ改良され、幕末から明治にかけて現在の「粽(ちまき)」になったという。

f:id:yskanuma:20181129113140j:plain

 

ルーツは笹だんごなのは確認できたが、それにしても気が遠くなるほどの長いながい笹だんごの旅だと思う。

 

ファミリーヒストリーではなく、笹だんごヒストリー

 

これだから和菓子屋巡りは止められない。

 

戦後の最盛期には十軒ほどあった店が、「今ではうちだけです」(4代目)。

f:id:yskanuma:20181129113239j:plain

かつて戦国武将・佐竹氏の居城があった鯨ケ丘。鯨の背中に似た丘の形状から、「鯨ケ丘」という地名になったという歴史もある。

 

佐竹氏は徳川の世になって秋田に国替えとなり、光圀も「大日本史」をこの地で編さんした後、73歳でこの世を去っている。

 

時の流れは誰にも止められない。だが、ここに職人の手の匂いのする「粽(ちまき)」がしっかり残っている。

 

スマホの時代に、今もそれを味わえる。そのことを素直に喜びたい。

 

所在地 茨城・常陸太田市東3-2162

最寄駅 JR常陸太田駅から歩いて約10分

 

 

          f:id:yskanuma:20181129113552j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都の粋「しぐれ傘」

 

京都の畏友が持ってきてくれた手土産は面白いものだった。

 

メディア仲間の懇親会でのこと。

 

いつものように「はい、これ」ポンと手渡すだけ。説明はない。

 

これが曲者で、京都のすごさと奥の深さを感じさせるものばかり。

 

家に持ち帰ってから、きれいな包みを開けると、現れたのがこれだった。

 

で、でっかい(汗)。直径120ミリ、厚さ30ミリは優にある。どっしりと重量感のあるデカさ。

f:id:yskanuma:20181122104931j:plain

 

これが、かの京華堂利保(きょうかどうとしやす)の「しぐれ傘」だった。

 

円盤状のどら焼きのようなカステラ生地の間に煉り羊羹が挟んであった。8人分で税込み1512円。買うには本店まで行くしかない、という希少な和菓子でもある。

 

見事なテカリの羊羹。カステラ生地はふわふわではなく、しっかりと焼かれている。

f:id:yskanuma:20181122105031j:plain

f:id:yskanuma:20181122105335j:plain

f:id:yskanuma:20181122105234j:plain

 

表面には番傘の線が薄く引いてあり、数えてみたら12本分。つまり傘が12本分で、上から見ると、傘が開いている形に見える。黒文字が8本、別に包んであった。

 

このさり気ない凝り方が京都、だと思う。「わからんお人はわからんでよろしゅうおます」とつぶやいているよう。いけず、と紙一重。どこかに遊び心もある。

f:id:yskanuma:20181122105453j:plain

 

下から黒文字を刺すと、傘になる。

 

目線を変えると、シベリアのようでもある。

 

羊羹はかなり甘めで、きめが細かい。小豆と寒天の煉りがなめらかで、そのねっとり感が素朴なカステラ生地とよく合う。小豆の風味を殺していない。

f:id:yskanuma:20181122105652j:plain

 

京華堂利保は創業が明治36年(1903年)。現在4代目。武者小路千家御用達の菓子司で、京都では老舗とは言えないが、暖簾をあまり広げないポリシーはさすが、だと思う。

 

薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)に定評があるが、このユニークな「しぐれ傘」は2代目が考案したらしい。

 

与謝蕪村の句「化けそうな傘かす寺のしぐれかな」からヒントを得たとか。

 

どら焼きとシベリアを凝縮したような、密度の濃いあんこ菓子だと思う。洗練とは少し違う。野暮と紙一重

 

あんこのお化けも悪くはないかもなァ。

 

何よりもそのユーモアに脱帽したくなる。

 

所在地 京都市左京区二条通川端東入ル難波町226

最寄駅 神宮丸太町駅から歩約5分

 

 

           f:id:yskanuma:20181122110722j:plain

           

 

 

浅草きんつば界「西の横綱」

 

東京・浅草はきんつばの聖地だと思う。

 

何といっても、私が大好きな「徳太楼(とくたろう)」がいぶし銀に光っているし、合羽橋には「江戸昔菓子」の「梅源(うめげん)」がある。どら焼きの「亀十(かめじゅう)」などもまずまず美味い。あの大行列はいただけないが。

 

先週、文化の日(11月3日)のこと。敬愛する「あんこラボ」の皆さんと浅草あんこ菓子巡りを楽しんだ。10人で江戸・明治の老舗和菓子屋さんをほぼ半日かけて訪ね歩いた。脳内エンドルフィン(幸せホルモン)全開。

 

10人が10人とも頭に「スーパー」がつくほどのあんこ好き。たまたま「徳太楼」が休みだったので、合羽橋の「梅源」で、きんつばを買い求めた。それがこれ。

 

f:id:yskanuma:20181115121545j:plain

 

小さな店構えで、ずい分以前に食べただけだったが、改めて食べたらやはり高いレベルで美味かった。

 

「徳太楼」よりも一回りはデカい

 

皮が膜のように薄く、手焼き感がとてもいい。中のつぶあんが透けて見える。

 

素朴に絶妙だと思う。姿がいい。

 

徳太楼よりも寒天が少なく、その分、あんこが前面に出ている。徳太楼が東の横綱なら、西の横綱といったところかな。一個160円なり(税込み)。

 

f:id:yskanuma:20181115121725j:plain

f:id:yskanuma:20181115121810j:plain

 

控えめな甘さ。小豆の風味もいい。ほんのりと塩も効いている。

 

「梅源」の創業は明治40年(1907年)。現在3代目。最初は神田でスタート、その後浅草に移っている。きんつばの他に芋甘納豆や石衣(いしごろも)や小倉金花(おぐらきんか)など、江戸を思わせる手作り菓子が並んでいる。

 

「もともとは豆板とか小倉金花を売っていたんですよ。砂糖を煮詰めて固めたお菓子です。江戸・明治の昔菓子です。きんつばも江戸時代からありますからね」(3代目)

 

手作りなので、早い時間に売り切れることもある。

 

f:id:yskanuma:20181115121947j:plain

 

包丁で切ってみると、小豆の輪郭がくっきりときれいで、手間をかけてこしあんブレンドしたのかと思うほど。

 

だが、3代目は「いえいえ、ただのつぶあんです」と笑う。

 

北海道十勝産小豆を使い、砂糖は白ザラメ。塩も効かせている。

 

形を除くと、まぎれもない江戸のきんつばの系譜だと思う。

 

f:id:yskanuma:20181115122404j:plain

 

江戸時代のきんつばは四角ではなく、丸かった。刀のつばの形だった。発祥は京都で、「銀つば」と呼ばれていたようだ。それが江戸に伝わり、「銀より金のほうが縁起がいいや」となって、いつしか「金つば」になった。江戸っ子のしゃれっ気も効いている。

 

その江戸の中心地のひとつ、浅草がきんつばの聖地というのは当たり前かもしれない。

 

所在地 東京・台東区西浅草3-10-5

最寄駅 地下鉄銀座線田原町駅から歩約10分、つくばEXP浅草駅歩約5分

 

 

           f:id:yskanuma:20181115122844j:plain

 

 

 

 

 

 

信州「栗の町」の純栗かの子

 

「純栗かの子」はたまらない。

 

私的には信州・小布施町(おぶせまち)が天国に近い場所

 

頭に描いただけでヨダレが出かかる(失礼)。

f:id:yskanuma:20181106122047j:plain

 

人口1万人強のちいさな町に栗菓子屋の老舗が5軒ほどある。

 

桜井甘精堂(さくらいかんせいどう)、小布施堂、竹風堂が有名だが、いずれもいい味わいと独特の風味を作り上げている。

 

小布施の栗かの子は関東で言うと、おせち料理栗きんとんに近い。

 

信州に旅したとき、小布施にも行く予定が、途中で時間を取られ、行けずじまい。仕方なく長野駅構内で桜井甘精堂の「純栗かの子」(270グラム 税込み1296円)を買い求めた。

f:id:yskanuma:20181106122138j:plain

 

安くはないが、これが極上の楽しみとなる。

 

自宅に持ち帰ってから、わくわくしながら缶の蓋を開ける。

f:id:yskanuma:20181106122313j:plain

f:id:yskanuma:20181106122402j:plain

f:id:yskanuma:20181106122614j:plain

 

グレーがかった純栗かの子が現れる。このあまりに自然な色がたまらない。

 

地産の蜜煮した大栗(丹波栗系)と栗あんがお見事、と掛け声をかけたくなる。

 

甘さを抑えた栗あん。蜜煮した大栗の歯ごたえ。

f:id:yskanuma:20181106122902j:plain

 

素朴な洗練、という表現が近いと思う。

 

それらがねっとりと舌にささやきかけてくる・・・。

 

その風味が口中で吹き上がる感覚はちょっと得難い。

f:id:yskanuma:20181106122534j:plain

 

桜井甘精堂の歴史は古い。

 

文化5年(1808年)、初代桜井幾右衛門が栗落雁(くりらくがん)を作り、文政2年(1819年)にはその弟・武右衛門が栗羊羹を作った。

 

栗かの子は明治に入って、5代目が作り上げた(明治25年)という。ちなみに今は8代目。

 

小布施の栗菓子の歴史は桜井甘精堂と共にある、といっても過言ではない。

 

本店に電話して、砂糖は何を使ってるのか、尋ねてみた。

 

「白ざら糖です」

 

栗と砂糖しか使っていない。今年はすでに栗の収穫が終わり、新栗を使った「純かの子」は12月から売り始める。約一か月後。

f:id:yskanuma:20181106123008j:plain

 

すべて手作業で、練り上げた栗かの子を缶に詰めるのも手作業だという。

 

「機械だとこの味わいは出ないんですよ」

 

意外な一面を見る思い。

 

所在地 長野・上高井郡小布施町大字小布施774(本店)

最寄駅 長野電鉄小布施駅下車 歩約10分

 

 

          f:id:yskanuma:20181106122210j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光「湯沢屋」の酒まんじゅう

 

酒種で発酵させた酒饅頭(さかまんじゅう)の歴史は古い。

 

あまりに古い。

 

鎌倉時代南宋に渡った聖一国師円爾)が中国から伝えたとされる。

 

気が遠くなる話ではあるが、これが実に美味い。

f:id:yskanuma:20181101125607j:plain

 

古くて新しい。本物なら、まんじゅう界の頂点だと思う。

 

私は職人の手の匂いのする東京・荻窪の「高橋の酒まんじゅう」が大好きだが、ここの歴史は戦後で、そう古くはない。

 

日光「湯沢屋」は創業がなんと文化元年(1804年)。ちょうど砂糖が一般にも流通し始めた時代で、その意味でも湯沢屋の存在は光り輝く。

 

酒饅頭は当時の製法のまま、7代目の今も手間ひまを惜しまず作り続けている。

f:id:yskanuma:20181101125702j:plain

 

日光は羊羹があまりに有名だが、実は酒饅頭の元祖が今もあり続ける場所なのである。

 

一個140円(税込み)を一包み買い求めて、さらに店先で蒸かし立てを2個たべることにした。

 

日光でも多分一番古い老舗だが、嫌な顔をしない。さすが饅頭屋さん。

f:id:yskanuma:20181101125739j:plain

f:id:yskanuma:20181101125801j:plain

 

皮のもっちり感が只事ではない。手にくっつきそう。糀(こうじ)の甘い、いい匂いが鼻腔に侵入してくる。

 

高橋の酒まんじゅうとよく似た手の匂いのする素朴な洗練。

 

中はたっぷりのこしあんで、いい小豆の風味が立つ。

 

甘さが控えめで、きれいなあんこ。むろん自家製。

f:id:yskanuma:20181101125921j:plain

f:id:yskanuma:20181101130005j:plain

 

無添加なので、時間がたつとすぐに固くなってくる。ほのかな酸味も酒種が本物である証拠でもある。

 

このあたりも並の老舗ではない。

 

たまたま七代目がいた。穏やかなイケメンだった。

 

「糀づくりから入れると、出来上がるまで七日もかかるんですよ」

 

気さくに話してくれた。

 

皮の凝縮感とこしあんの絶妙な結婚。

f:id:yskanuma:20181101130120j:plain

 

驚いたことに創業当時から住みついている麹菌もこの酒饅頭作りに一役買っているそう。

 

214年前の味わいそのまま、ということになる。

 

鎌倉時代聖一国師が伝えた酒饅頭は博多「承天寺」前にあった茶屋に引き継がれ、その時に聖一国師が書いたと伝えられる「饅頭所」の看板は、なぜか赤坂「虎屋」に残されている。

 

銀座木村屋のあんぱんも酒種で膨らませている。

 

酒饅頭がなかったら、木村屋のあんぱんも生まれていなかったことになる。

 

様々な思いを込めて、この湯沢屋の酒饅頭を賞味する。

f:id:yskanuma:20181101130159j:plain

 

絶妙な美味さの奥に日本独自のスイーツの歴史が隠し味になっている。

 

あんこ版、点と線の歴史。

 

これぞ無上の楽しみ、としか言いようがない。

 

所在地 栃木・日光市下鉢石町946

最寄駅 東武日光線日光駅 歩約15分

 

 

           f:id:yskanuma:20181101130243j:plain