週刊あんこ

和スイーツの情報発信。あんこ界のコロンブスだって?

小江戸の新コラボ「アイス饅頭」

 

あんこスイーツにも新しい動きが出てきている。

 

埼玉・川越の老舗和菓子屋さんでたまたま見つけた面白い和スイーツ

 

それがアイスまんじゅう(1個税込み 140円)だった。

f:id:yskanuma:20190711112709j:plain

 

シャレた包装。老舗和菓子屋、というのがミソ。

 

まんじゅうをただ凍らせた、というシンプルなものではない。

 

もっちりした皮にはゆずが練り込まれ、中のアイスの部分にはこしあんをベースにして、チョコレートのかけらを星のように点在させている。

f:id:yskanuma:20190711112753j:plain

f:id:yskanuma:20190711112826j:plain

 

最初見たとき、チョコレートが大納言小豆に見え、「へえー」と思ったが、食べるとチョコレートだった。

f:id:yskanuma:20190711112928j:plain

f:id:yskanuma:20190711113006j:plain

 

その意外性。和菓子の原点、饅頭(まんじゅう)もここまで来ている? 

 

あんこ大好きにとってはビミョーなコラボだが、最初のアタックから次第に「これって、案外面白いかな」と印象が変わってきた。

 

あんこよりもチョコレートの風味が強め。ゆずの香りもジワリと来る。

 

小江戸・川越で大正10年(1921年)から暖簾を下げる「川越菓子舗 道灌(どうかん)」の新しい試み。

f:id:yskanuma:20190711113137j:plain

f:id:yskanuma:20190711113157j:plain

f:id:yskanuma:20190711113229j:plain

 

若い3代目が考案した新しい和スイーツで、これから暑くなるにつれて、「おっ、イケるかも」が広がってくるかもしれない。

 

こしあんの存在感をもっと前面に出してほしい気もするが、これがどう変化していくのか、種類を増やす可能性もあるので、ここは静かに注目したい。

f:id:yskanuma:20190711113933j:plain

 

この老舗和菓子屋の目玉が「道灌まんじゅう」(同 1個95円)。

 

こちらはドンピシャ好み。

f:id:yskanuma:20190711113329j:plain

 

玄米を使ったもっちりした皮。自家製のつぶしあん。質、ボリュームともに申し分がない。

 

「国産の玄米を皮に使ったまんじゅうは、多分、日本でもうちだけだと思います」(スタッフ)

f:id:yskanuma:20190711113414j:plain

f:id:yskanuma:20190711113437j:plain

 

一見、黒糖まんじゅうのように見えるが、口に含んだ瞬間、玄米独特の風味がほんわかと来る。小麦とも違う茶色のコク。それが舌に心地よい。

 

甘さをほどよく抑えた、しっとり感のある柔らかなつぶしあん。その風味がとてもいい。

f:id:yskanuma:20190711113512j:plain

f:id:yskanuma:20190711113553j:plain

 

使用している小豆は北海道産かと思ったら、「北関東産の小豆を使用してるんですよ」とか。これも珍しいこと。北関東の老舗和菓子屋さんの意識は相当高い、と思う。

 

さつまいもの「甘藷納糖」もこの店の目玉。運が良ければお買い得な「サービス品」(1袋 約13枚 445円)とも出会える。

f:id:yskanuma:20190711113624j:plain

 

家康の前に江戸の街を造った戦国武将・太田道灌(おおたどうかん)は、川越城の領主でもあった。

 

今や鎌倉と並ぶ関東の人気スポット、小江戸・川越の潜在力は道灌のチャレンジ精神を脈々と受け継いでいる。そう思いたくなる。

 

所在地 埼玉・郭町2-11-3

最寄駅 西武鉄道本川越駅からバス 市立美術館前下車

 

 

           f:id:yskanuma:20190711113737j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三代目の傑作「黒白どら焼き」

 

和菓子屋の定番、どら焼き。

 

普通に美味いどら焼きは全国どこにでもある。

 

だが、老舗の日本橋うさぎや」、人形町「清寿軒」クラスになると、そうザラにはないと思う。

 

あんこと皮にこだわった、どら焼きの新しい星はないか?

f:id:yskanuma:20190704164500j:plain

 

たまたま和菓子好きの辛口メディア人と話していたら、「錦糸町にいいどら焼きがあるよ。新古典だ(笑)。外れても文句言わないなら教えてやるよ」上から目線で言われた。

 

新古典だって? なんじゃそりゃ。

 

それが「御菓子司 白樺本店」の「錦(きん)どら」だった。

 

行ってみたら、よくある下町の和菓子屋さんだった。どら焼きのノボリと「毎日手作りで提供してます」の立て看板がすがすがしい。

f:id:yskanuma:20190704164641j:plain

 

皮に沖縄産黒糖を使った「黒」とプレーンな「白」(それぞれ税込み 180円)の2種類。「錦糸町名物」の文字がどこか野暮ったい気もする。

f:id:yskanuma:20190704164747j:plain

f:id:yskanuma:20190704164811j:plain

 

これがちょっと驚きのどら焼きだった。

 

大きさは「うさぎや」と同じくらいで、大きめ。

 

おぬし、ただ者ではないな、と言いたくなる存在感。

f:id:yskanuma:20190704164906j:plain

 

まずは黒糖の「黒」を食べる。

 

皮のしっとり感とやさしい黒糖の風味が口中に広がった。ふわりとしていて、口溶けもいい。みりんも加えているかもしれない。東十条「草月」の黒松(どら焼き)とそん色がない。

f:id:yskanuma:20190704164942j:plain

f:id:yskanuma:20190704165216j:plain

f:id:yskanuma:20190704165006j:plain

f:id:yskanuma:20190704165040j:plain

 

中のあんこは大粒の手より小豆で、ふっくらと炊かれていて、しかも風味がみずみずしい。甘さもほどよい。東京三大どら焼きに負けない、絶妙などら焼きを見つけた気分。

f:id:yskanuma:20190704165134j:plain

 

惹かれるように「白」へ。

 

こちらの皮もふわりとしたしっとり感があり、いい小麦の風味が広がる。ハチミツが強すぎないのが好みに近い。

f:id:yskanuma:20190704165301j:plain

f:id:yskanuma:20190704165344j:plain

中のあんこもふっくら感とつぶつぶ感が素晴らしい。

 

これほどのどら焼き。本流なのにどこか新しい。これが新古典ということ?

f:id:yskanuma:20190704165441j:plain

f:id:yskanuma:20190704165504j:plain

 

後日、気になって再訪問した。

 

店は昭和24年(1949年)創業で、現在3代目。

 

「錦どら」はこの3代目が考案したもので、「美味いどら焼きは老舗でしか味わえないと言われてますが、それに挑戦してみたくなったんです」(3代目)。

 

試行錯誤を重ね、3年ほど前に黒糖を使った「黒」を作り、続いて「白」も売り出した。これが次第に評判を呼んで、今ではファンも増えている。

f:id:yskanuma:20190704165553j:plain

 

確かに新古典のどら焼き、と言いたくなる。

 

小豆は北海道十勝産えりも小豆、砂糖はラニュー糖を使っているとか。添加物ゼロなので、賞味期限は3日間と短い。

 

家族経営のようで、たまたまいらっしゃった2代目女将さんが「こちらもぜひ食べてみてくださいよ」と「たらふく最中」(税込み 200円)をすすめた。私があんこ好きなのを知って乗り出してきた。北海道白小豆を使った最中で、猫の形が面白い。

f:id:yskanuma:20190704165623j:plain

f:id:yskanuma:20190704165649j:plain

 

白小豆を使うのは上生菓子屋に多い。ねっとりとした琥珀(こはく)色の粒あんこで普通に美味いが、個人的には白黒どら焼きほどの感動はなかった。

 

とはいえ。

 

こういう上物のどら焼きが東京の下町には隠れている。

 

「息子が跡を継いでくれてよかったですよ」(女将さん)

 

若い、いい和菓子職人がここにもいる。こういう店に出会うと、あんこの神様が引き合わせてくれた、そう思うことにしている。

 

所在地 東京・墨田区江東橋2-8-11

最寄駅 JA総武線錦糸町駅南口から歩約5分

 

 

             f:id:yskanuma:20190704165854j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古城の街、新旧「豆大福くらべ」

 

城下町・会津若松で出会ったちょっと驚きの豆大福を書きたい。

 

滋賀近江出身の戦国武将・蒲生氏郷が造った街で、幕末は戊辰戦争最大の激戦地になった悲惨な歴史を持つ街である。

 

お寺が多く、戦国時代には豊臣秀吉も「奥州仕置き」で陣を張っている。

 

なので、いい和菓子屋も多い。

f:id:yskanuma:20190623122621j:plain

 

土曜日、その寺町を歩いているときに、出会ったのがこの豆大福である。

 

一目で「ほお~」が出かかった。

 

東京・青山の名店「まめ」の豆大福を連想させるお姿で、一個が大きめ。ゴロゴロ見える赤えんどう豆と柔らかそうな餅、それにたっぷりかかった餅粉が「本物」のオーラをまとっていた。

f:id:yskanuma:20190623122713j:plain

 

「土曜日限定」の豆大福、というのがこだわりを感じさせた。一個が120円(税込み)。うーん、ローカル値段。

 

もう一度、外から店を眺める。あまりに開放的な店構えで、ノボリと「庄助製菓(しょうすけせいか)」の看板が素朴。調べてみたら、創業が明治40年(1907年)で、今三代目とか。

f:id:yskanuma:20190623122744j:plain

f:id:yskanuma:20190623122904j:plain

 

限定豆大福はたぶん新しい試みだと思う。

 

賞味期限が「本日中です」と女将さんに言われ、すぐ固くなりそうだったので、ホテルに持ち帰って、ウキウキと食べてみた。

f:id:yskanuma:20190623122935j:plain

 

期待を上回る美味さで、餅は「会津産もち米を蒸して、朝、搗(つ)き立てなんですよ」(女将)がなるほどと思える柔らかさだった。求肥餅のような柔らかさ。

f:id:yskanuma:20190623123002j:plain

f:id:yskanuma:20190623123023j:plain

 

黒々とした大きな赤えんどう豆の多さは護国寺群林堂」とそん色がない。

 

中のつぶあんのボリュームも好感。

 

北海道十勝産小豆と砂糖は上白糖。ふくよかに炊かれた手の香りのする上質のあんこで、口に入れた瞬間、なめらかな、みずみずしい小豆の風味が広がった。甘さは抑えめ。塩もほんのり効いている。

f:id:yskanuma:20190623123050j:plain

f:id:yskanuma:20190623123212j:plain

f:id:yskanuma:20190623123247j:plain

 

欠点を探したが、残念ながら見当たらない。土曜しか売っていないというのが欠点というくらい(ちょっとほめ過ぎかな)。

 

会津若松の和菓子屋はずいぶん食べたつもりだが、この豆大福は初めての出会い。

 

この驚きを会津の友人に話したら、「そんな豆大福は知らない会津では豆大福なら『白虎堂』だよ。午前中に売り切れるくらいの人気だ。塩大福も美味いぞ」と笑われた。

 

翌日、早めに起きて、馬場町にあるその「白虎堂」に行ってみた。立派な店構えで、こちらの創業も明治41年(1907年)。

f:id:yskanuma:20190623123331j:plain

f:id:yskanuma:20190623123432j:plain

 

豆大福と塩大福を買い、賞味した。どちらも税込み100円という安さだが、姿がいい。コスパ的には素晴らしい。こちらも無添加で「本日中にお召し上がりください」。

 

餅の存在感が圧倒的で、あんこが「庄助製菓」より気持ち少なめ。豆大福は豆が赤えんどう豆ではなく青えんどう豆で、餅の噛み応えがかなりある。

f:id:yskanuma:20190623123410j:plain

 

塩大福の方が私の好みで、ふくよかな塩あんが面白い。埼玉の塩あんびんよりはあんこの甘さが心地いい。

 

だが、私は会津の友人には申し訳ないが、「庄助製菓」の限定豆大福に心をつかまれてしまった。もちろん、個人的な好みの問題かもしれない。

f:id:yskanuma:20190623123544j:plain

f:id:yskanuma:20190623123601j:plain

 

豆大福だけで見ると、白虎堂の方が長い歴史があると思うが、青山「まめ」や護国寺群林堂に近い「庄助製菓」の豆大福づくりもこのレベルまで来ると、うれしくなる。

 

観光シーズン以外は人通りの少ない街中で、新しい宝石のような豆大福に出えたこと。あんこの神様は確かにいる、と思う。

 

所在地 福島・会津若松市日新町16ー40

最寄駅 JR磐越西線会津若松駅から歩約20分

 

 

 

            f:id:yskanuma:20190623124046j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

城下町で絶品「つぶあん草餅」

 

あんこの神様はどこにいる?

 

暗闇の奥から、城下町と寺町の文字がピカピカ。

 

私見だが、いい和菓子屋が存在する二つのキーワードだと思う。

 

大きな神社のある街、もその中に入る。

 

今日ご紹介するのはその城下町のひとつ、山形・米沢で出会った「草餅(あん入り)」(税込み 120円)。

 

上杉神社に近い「丸十餅店(まるじゅうもちてん)」の逸品。

 

それがこれ。

f:id:yskanuma:20190620113622j:plain

 

頂上にきな粉がかかった珍しいあん入り草餅で、これが心がほっこりする絶妙な美味さだった。

 

米沢は独眼竜・伊達政宗や戦国の雄・上杉景勝が支配者だった町で、江戸時代は上杉家の城下町として知られる。

f:id:yskanuma:20190620114807j:plain

f:id:yskanuma:20190620113047j:plain

f:id:yskanuma:20190620113231j:plain

 

餅屋の餅はひと味違う。

 

伸びやかさときめの細かさ。

 

自然なよもぎ色が実に美しい。アートだと思う。

f:id:yskanuma:20190620113436j:plain

f:id:yskanuma:20190620113324j:plain

f:id:yskanuma:20190620113515j:plain

f:id:yskanuma:20190620113834j:plain

 

自家製のつぶあんも丁寧な作りで、皮の存在を忘れるほど柔らかい。それがたっぷり詰まっていて、文句のつけようがない。

 

f:id:yskanuma:20190620113554j:plain

 

実直そうな店主(5代目)と少しだけ話した。

 

創業は「江戸末期と聞いてます」。北海道産小豆を毎日、銅釜で炊く。砂糖は白ザラメ。仕上げに塩も少し使い、ふくよかに仕上げている。

 

店主の人柄が伝わるような、甘さをほどよく抑えた、上質なあんこ。

 

この店と出会えたことがうれしい。

 

首都圏にいると、地方のいぶし銀が見えない。

 

地方の疲弊も気になる。だが、こういう店と出会うと希望を捨ててはいけないと思う。

 

驚いたことに、「あわまんじゅう」(同120円)もあり、これが会津柳津のものとは微妙に違っていた。

f:id:yskanuma:20190620114351j:plain

f:id:yskanuma:20190620114420j:plain

 

形が平ら(柳津は丸い)で、粟(あわ)のつぶつぶ感がちょっぴり硬め。中のこしあんもきれいな余韻を残す自家製で、こちらも職人の香りがする上質な味わいだった。

 

会津と米沢は戦国時代からつながりがあり、その流れの中であわまんじゅうもこの地で独自に花開いたと思う。何やらゆかしすみれ草。

f:id:yskanuma:20190620114057j:plain

 

米沢独自の「方才餅(ほうさいもち)」(同120円)も食べたが、醤油味の甘辛ゆべしで、黒豆が練り込まれていた。あんこバカとしてはあんこが入っていないのが少々残念だったが、これはこれで面白い餅菓子だった。

 

地方にはいい和菓子屋がまだまだある。それを探す楽しみ。

 

だから、あんこ行脚は止められない。

 

所在地 山形・米沢市松が岬2-1-77

最寄駅 JR米坂線西米沢駅から歩約10分

 

 

            f:id:yskanuma:20190620114935j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都栗蒸し羊羹の底力

 

栗蒸し羊羹の季節は秋から冬にかけて。

 

この時期は季節外れでもある。

 

和菓子の楽しみは四季を感じることにもあるが、栗蒸し羊羹を無性に食べたくなる時がある。

 

わかっていても、頭の中は秋! ということもある。

f:id:yskanuma:20190613114453j:plain

 

たまたま京都の畏友・あんじいが、東下りのとき、手土産に持ってきてくれたのが京菓子司「平安殿(へいあんでん)」の「橋殿(はしどの)」(1棹 税込み1000円)だった。

 

まさかの栗蒸し羊羹。

 

いつものように何も説明せずにポンと手渡すだけ。これがくせ者で、それがとんでもない絶品ということも多い。

 

家に持ち帰ってから、二重の包装を解き、重厚な竹皮を取ると、見事な栗蒸し羊羹が現れた。

f:id:yskanuma:20190613115020j:plain

f:id:yskanuma:20190613121159j:plain

f:id:yskanuma:20190613115141j:plain

 

小倉色のテカリの中に黄色い大栗がぼこぼこと透けて見える。

 

池に映った夜の月のようにも見える(変な表現かな)。

 

心がときめく。竹皮の香りの伴奏付き。

 

この季節に本物の栗蒸し羊羹に出会えるとは思ってもみなかった。

f:id:yskanuma:20190613120113j:plain

f:id:yskanuma:20190613120408j:plain

f:id:yskanuma:20190613120213j:plain

 

よく見ると、蒸し羊羹の中に大納言小豆が練り込まれている。

 

おおこりゃあすげえ、と素の言葉が出かかる。

 

蒸し羊羹は甘みが抑えられていて、もっちり感と歯ごたえのすっきり感が同居している。

 

蜜煮した大栗は輪郭がしっかりしているのに、ほろほろと崩れ落ちそうな食感で、絶妙な合わせ技となっている。

f:id:yskanuma:20190613120329j:plain

 

品のいい、きれいな余韻が舌の奥に残る。

 

和菓子職人の腕はさすが京都の老舗と言いたくなる。

 

だが、調べてみたら「平安殿」の創業は昭和26年(1951年)と思ったほど古くはない。京都では「最近の店やなあ」かもしれない。

 

珍しく「『橋殿』は通年でお売りしてます」(本店)。しかも基本的に本店でしか売られていない。

f:id:yskanuma:20190613120512j:plain

 

蒸し羊羹の歴史は古く、鎌倉時代から室町時代にかけて京都周辺で誕生しているようだ。

 

ところが、栗入りの蒸し羊羹となると、諸説あるが、大正8年(1919年)、千葉・成田山「米分(よねぶん)」初代が作ったと言われている。

 

蜜煮した栗が入るまで数百年の年月がかかっていることになる。

 

その気の遠くなるような歴史を想いながら、しばしの間、京都のはんなりを楽しむ。京都のあんじいに足を向けては寝れない。

 

所在地 京都・東山区平安神宮道三条上ル堀池町

最寄駅 東西線東山駅から歩約5分

 

 

              f:id:yskanuma:20190613120613j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんみつ名店の「小倉あんみつ」

 

暑い日が続くと、小倉アイスと冷たいあんこが夢に出てくる。

 

小倉あんみつを食べたいなあ。

 

あずき氷もいいが、こちらは梅雨が明けてから、と決めている。

 

頭の中であの小倉あんみつがキラキラ回転し始める。

f:id:yskanuma:20190606111249j:plain

 

こうなると、止めようがない。

 

上野の森に行った帰り、「あんみつ みはし本店」に足が勝手に動いていた。

 

昭和23年(1948年)創業の、あんみつの名店である。

 

いつも混雑と行列で、アリ1匹すら入る隙がない。

 

だが、夕方が狙い目で、すんなり入れることもある。

f:id:yskanuma:20190606111441j:plain

 

ラッキーなことにそれが的中した。あんこの神様のおかげ?

 

この季節はあんみつより「小倉あんみつ」(税込み650円)に限る。

 

あんみつに小倉アイスがどっかと乗っている。

f:id:yskanuma:20190606111524j:plain

f:id:yskanuma:20190606111546j:plain

 

ダブルのあんこ愛。

 

小倉アイスは湯島の老舗甘味処「みつばち」が元祖で、私にとっては「みつばち」は我が家みたいなもの。

 

だが、あんみつとの組み合わせとなると、みはし本店も捨てがたい。

 

小倉アイスの美味さが「みつばち」に劣らない。

 

目の前に置かれた「小倉あんみつ」は中央に小倉アイスとこしあん。そのボリュームにちょっと圧倒される。

f:id:yskanuma:20190606111735j:plain

f:id:yskanuma:20190606111835j:plain

 

まるで器の中の東西横綱の土俵入りだよ。

 

まずはこしあん形が珍しい角型に切ってあり、水ようかんのように見える。

f:id:yskanuma:20190606111811j:plain

 

スプーンですくってから、口に運ぶと、なめらかで、濃厚なあんこの風味がズズと来る。

 

甘さと塩気のバランスがいい。

 

オリジナルの黒蜜(沖縄産黒糖を使用)をかけると、こしあんの風味がさらに濃厚に、素朴に、粘膜にあまくささやきかけてくる。

f:id:yskanuma:20190606111944j:plain

 

人形町「初音」や門前仲町「いり江」の洗練された、きれいなこしあんも大好きだが、こちらはむしろ野暮ったいこしあんだと思う。

 

北海道十勝産小豆と上白糖の練り具合もよく計算されている。

 

小倉アイスは小豆をわざと固めに茹で、ほどよく散りばめ、その歯触りを楽しませたい。そんな気配が漂っている。

f:id:yskanuma:20190606112019j:plain

 

寒天、赤えんどう豆、求肥(ぎゅうひ)も手間暇かけているのがわかる味わい。

 

個人的にはサクランボがないのが少し残念かな。

 

だが、650円という舌代は老舗の甘味処の中ではコスパがいいと思う。

f:id:yskanuma:20190606112112j:plain

 

黙っていれば、こしあんが出てくるが、つぶあんに変えてもらうこともできる。

 

人気店なので細かいところまで行き届かないこともあるようだ。

 

たとえば黒蜜。門前仲町「いり江」のように、注文の際に「白蜜と黒蜜、どちらになさいますか?」と選択させることもない。黒蜜オンリー。

 

店のポリシーなので、そこは微妙な問題だが、あんこ好きにとってはその選択も楽しみたい。

 

とはいえ、「みはし本店」の価値が下がることはない。

 

所在地 東京・台東区上野4-9-7

最寄駅 JR上野駅不忍口下車 歩約3分

 

 

            f:id:yskanuma:20190606112311j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹だんごと紅大福の出会い

 

 あんこを求めて三千里の旅で、新潟・長岡に立ち寄った。

 

花火で有名な街だが、あんこの名店も隠れている。

 

知る人ぞ知る「江口だんご」である。

 

だが、本店(宮本東方町)へ行く時間がない。バスも来ない。

f:id:yskanuma:20190530105008j:plain

 

仕方なく、駅前通りをウロウロと散策していたら、あんこの神様がウインクしてきた・・・としか思えない(ホントだよ)。

 

「江口だんご」の古い屋号と看板。それが坂之上店(支店)だった。だんごの3文字が心に突き刺さった。ツイテル。

f:id:yskanuma:20190530105102j:plain

 

越後笹だんごの名店の一つで、創業が明治35年(1902年)。

 

普通、笹だんごは5個単位で売られているが、ここは1個(税別160円)からでも買える。これはありがたい。

 

「本店から持ってきたばかりですよ。自家製で、蒸し立てです」と女性スタッフ。

f:id:yskanuma:20190530105225j:plain

f:id:yskanuma:20190530105431j:plain

 

もう一品、赤い豆大福が目に入った。普通の豆大福よりも一回りデカい。東京で赤い豆大福に出会うことはまずない。祝い事ならいざ知らず、通常の商品として店頭に並んでいるのは珍しい。むろん、初めての出会い。

 

「紅大福」が正式な名称で、1個150円(税別)なり。中のあんこはこしあんで、豆は赤えんどう豆ではなく、青大豆とのこと。賞味期限を聞くと「本日中です」。

 

ひょっとして、今起きていることはあんこの神様の導きかもしれないぞ。

 

店先をお借りして、そこで食べることにした。

f:id:yskanuma:20190530105515j:plain

 

笹だんごは新潟市内で食べたものより、一回りほど大きめ。笹の色が自然で、しかも4枚(3枚が多い)。笹の香りとよもぎの香りがリンクする。

f:id:yskanuma:20190530105601j:plain

 

きれいに剥けるのも好感。歯に当たるよもぎ餅の柔らかな感触と風味。それがとてもいい。地場の餅米と米粉ブレンドよもぎは新芽を使用しているそう。

f:id:yskanuma:20190530105654j:plain

f:id:yskanuma:20190530105748j:plain

f:id:yskanuma:20190530105832j:plain

 

中は見事なつぶしあんで、たっぷり詰まっていた。素朴で控えめな甘さ。砂糖は多分上白糖。塩加減がほどよい。私が食べた笹だんごの中でも上質の美味さ。

 

気になるもう一品、紅大福へ。杵つきの餅で、存在感がありながら、実に柔らかい。食紅で色を付けていると思う。

f:id:yskanuma:20190530110232j:plain

 

練り込まれた青豆も大きめでふっくら、それが5~7個ほど。塩が効いている。

f:id:yskanuma:20190530111337j:plain



f:id:yskanuma:20190530110719j:plain

 

中のこしあんはきれいに作られていて、しっとりと舌になじんでくる。十分なボリュームで、こちらも甘さは控えめ。いい小豆の風味がしばらく残る。あんこ職人の腕は確かだと思う。

f:id:yskanuma:20190530110809j:plain

f:id:yskanuma:20190530111059j:plain

店先で思わぬ出会い。あんこの神様にお礼を言いたくなる。

 

お茶が出ればさらに文句なしだが、あんこの神様はそんなに甘くはない。

 

所在地 新潟・長岡市東坂之上町2-3-2

最寄駅 JR信越線(もしくは上越新幹線長岡駅から歩約5分

 

 

           f:id:yskanuma:20190530110931j:plain