読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊あんこ

和スイーツの情報発信。めざすはあんこ界のコロンブス!

東京和スイーツの傑作

 

あんまり暑いんで、今日は冷たいあんこの話。

 

小倉アイスの元祖が東京・湯島にある「みつばち」と知っている人は少ない。

 

f:id:yskanuma:20170523141850j:plain

f:id:yskanuma:20170523142759j:plain

 

明治42年(1909年)創業。もともとは氷あずきが目玉だったが、二代目のとき、冷夏で売れ残ってしまった。もったいないので桶(おけ)に入れて冷凍庫に入れて保存して置いたところ、たまたま食べてみたら、これが美味かったそう。

 

で、「これはイケる」となって、大正4年(1915年)に売りだしたところ、当時の東京っ子の舌を魅了した。小倉アイスの誕生秘話で、四代目の今もみつばちに伝わっている。

f:id:yskanuma:20170523141939j:plain

 

そのなめらかな舌触りと大納言小豆の風味の素晴らしさは、一度食べると病み付きになるレベル。いま食べても実に美味いのだから、当時の東京っ子の驚きがわかる。

 

で、その小倉アイスと鹿の子あんこをドッキングしたのが、「小倉鹿の子」(税込み580円)である。

 

小倉アイス(大きい)を半分覆うように鹿の子あんが雪崩れ込んでいる。そのあまりにつややかなドッキング。

 

この「あんコンビ」はスーパーだと思う。

 

鹿の子あんは大納言の粒つぶがしっかりしていて、しかも中がふっくらと炊かれている。濃い茹であずきのよう。塩がほんのり効いていて、かなり甘い。あんこ職人の気配。

f:id:yskanuma:20170523142033j:plain

f:id:yskanuma:20170523142410j:plain

 

以前、ここの「氷あずき」の美味さに圧倒されたが、この「小倉鹿の子」もあんこ好きにはこたえられない、東京和スイーツの傑作だと思う。

 

店は老舗の敷居の高さはない。表が小倉アイス(もなか)のテイクアウト専門で、奥が甘味処になっている。

 

余計な飾りのない、下町の老舗で食べる「小倉鹿の子」は格別のものがある。

 

蕎麦屋の湯桶(ゆとう)のようなものが置いてあり、その中身はなんと黒蜜! 

f:id:yskanuma:20170523142223j:plain

 

しばらく何もかけないで、小倉鹿の子を楽しんでから、おもむろに黒蜜をたっぷりかける。こってりした黒糖の甘さと香りが、もう一つの味わいを運んでくる。

 

湯島で秘密の蜜の味わい。

 

世界が金色に輝き始める。ホントだよ。

 

いつの間にか、自分がみつばちに変身していることに気づく。

 

人間の形をしたみつばち。こんな結末、ありか?

 

所在地 東京・台東区湯島3-38-10

最寄駅 東京メトロ湯島駅

 

          f:id:yskanuma:20170523142700j:plain

戦国「けし餅」の驚き

 

戦国時代にタイムスリップしたくなったら、この和菓子を食べてみてほしい。

 

幻のあんこ菓子を求めて三千里の旅。

 

今回ご紹介するのは、にわかには信じがたい、堺の「芥子餅(けしもち)」である。

f:id:yskanuma:20170518201227j:plain

 

創業が室町時代・天文元年(1532年)。当代は何と二十代目。一子相伝で、現在もなおそのワザを受け継いでいる。

 

あべのハルカスを見上げる天王寺から、レトロな路面電車阪堺線)に乗って、約1時間半ほど。日本で一番のどかなチンチン電車宿院(しゅくいん)駅で下車すると、そこがあの戦国時代に名をはせた「独立国 堺」の中心地である。

 

東南アジアを経由してヨーロッパや中国とも盛んに貿易(南蛮貿易)をし、独自の軍隊まで持ち、千利休など歴史に残る茶人を産んだ場所。そのスケールの大きさは多分、想像を超えている。悲しいかな、往時を実際に見ることはできない(当たり前だよ)。

 

今は過日の面影はない。

 

だが、その夢のシッポはほんの少しだが、残っている。

f:id:yskanuma:20170518201429j:plain

 

千利休の屋敷跡を見てから、5~6分ほど歩くと、そこにひっそりと「本家小嶋」が暖簾を下げている。485年も続く老舗中の老舗だが、何も知らないと、ただのさびれた和菓子屋にしか見えない。

f:id:yskanuma:20170518202406j:plain

f:id:yskanuma:20170518201526j:plain

 

ここの「芥子餅(けしもち)」が驚きの味わいなのである。あの千利休が茶席にも出していたという芥子餅。「肉桂餅(にっきもち)」とのセット(3個ずつ6個入り 920円)をお土産にして、翌々日賞味した。

f:id:yskanuma:20170518201556j:plain

 

こしあんを求肥餅(ぎゅうひもち)でくるんで、表面をびっしりと芥子の実でまぶしてある。口に運んだ途端、芥子の実の香ばしさとプチプチ感に「ホオーッ」となる。

f:id:yskanuma:20170518201840j:plain

f:id:yskanuma:20170518201713j:plain

 

続いて、求肥餅の柔らかさと中のこしあんのきれいな風味の波。そこいらの芥子餅とは次元が違い過ぎる(と断言してしまおう)。 言うまでもないが、すべて自家製。

 

「ホオーッ」が二度三度と続いて出てくる。とにかく驚かされる。

 

肉桂餅もシナモンの香りとこしあんが見事に融合している。

f:id:yskanuma:20170518202143j:plain

f:id:yskanuma:20170518202047j:plain

 

堺には江戸時代創業の「小島屋」や「八百源」があり、そちらは全国のデパートなどでも売られているが、この「本家小嶋」は堺から一歩も出ようとしない。

 

雨の日も風の日も、ひっそりと暖簾を下げている。その凄み。

 

孤独な、もう一人の千利休がその暖簾の奥に、今も生き続けている気がする。

 

所在地 大阪府堺区大町西1-2-21

最寄駅 阪堺線宿院駅下車

 

                 f:id:yskanuma:20170518202301j:plain

 

 

 

 

渡辺直美的「あんマガ」

 

コッペパンがブームになっている。

 

あのアンパンマンの世界でも、仲間外れだったコッペパン

 

それがどうして一躍人気者なったのか、不思議だ。

 

だが、東京周辺で、その火付け役の一つになったのが、東京・亀有「吉田パン」である。

 

ここの「あんマーガリン」(1個税込み190円)が気に入っている。

 

注文すると、店員さんが目の前で、ヘラを使って、まずマーガリン、それからこしあんを惜しげもなく塗っていく。これがうれしい。

f:id:yskanuma:20170514112354j:plain

 

ビヨンセばりのナイスバディ。と言えなくもない。手に取った瞬間、そのスケールの大きさと存在感に心がざわめく。

 

心が騒ぐコッペパン

 

というのも確かにある。

f:id:yskanuma:20170514112557j:plain

f:id:yskanuma:20170514112646j:plain

f:id:yskanuma:20170514112722j:plain

 

パンの美味さにまず「うむ」となる。フワッとしていて、しっとり感がピタリと張りついてくる。もっちり感の寄せ。小麦のいい香り。

 

あるいは、これは渡辺直美ビヨンセではないか?

 

バターではなく、マーガリンというのが渋い。

 

コッペパンは自家製だが、こしあんはあんこ屋さんに特注しているそう。

f:id:yskanuma:20170514112809j:plain

 

二年ほど前に、初めてこれを食べたとき、あまりの美味さに度肝を抜かれた。以来、コッペパンに対するイメージが180度変わってしまった。

 

コッペ、マーガリン、こしあんの三角関係があまりに濃密で、その結果、全身のボタンが外れてしまった・・・と表現したくなるくらいの衝撃だった。

f:id:yskanuma:20170514112849j:plain

 

この吉田パン、あの伝説のコッペパン専門店、岩手・盛岡の「福田パン」(1948年創業)に弟子入り修業して、平成25年4月に(2013年)にオープンという経由を持っている。

 

いわば、伝説のノレン分け。

 

違うのは福田パンが「あんバター」としているのに対し、こちらは「あんマーガリン」。(あまり関係ないが、アン・マーガレットはどうしていらっしゃるんだろう?)

f:id:yskanuma:20170514113038j:plain

 

こしあんはサラッとしていて、甘さは控えめ。塩が絶妙に効いている。

 

翌朝、残りの1個をオーブンで2分ほど焼いてみた。パンの香ばしさが引き立ち、マーガリンが少し溶けだして、これはこれで別のうま味が出てくる。

f:id:yskanuma:20170514113127j:plain

f:id:yskanuma:20170514113144j:plain

f:id:yskanuma:20170514113158j:plain

 

行列店で、夕方には売り切れてしまうことも多い。去年、北千住ルミネに2号店がオープンした。言い忘れたけど、コッペパンは惣菜コッペも含めて、常時30種類ほどある。

 

少しだけ気になるのが、人気が出ると、一般的に味が幾分薄くなること。今回、久しぶりにこの店の「あんマーガリン」を食べたが、以前よりほんの少し、あんこの量が減った気がした。勘違いだといいのだが。

 

ところで、天国のやなせたかしさんは、このコッペパンブームをどう眺めているんだろう? というより、どうしてコッペパンマンを登場させなかったんだろう?

 

所在地 東京・葛飾区亀有5-40-1

最寄駅 JR亀有駅北口歩5分

 

          f:id:yskanuma:20170514113342j:plain

古都の隠れあんみつ

 

テレビや食べログなどで高評価を得ているスイーツ店が美味いとは限らない。その逆もある。

 

話は三年ほど前に遡る。

f:id:yskanuma:20170511110231j:plain

 

古都・足利でのこと。鑁阿寺(ばんなじ)の参道近くにある古民家カフェにたまたま立ち寄ってみた。ちょうどティータイム。

 

「あまから家」という店で、カレーと甘味が売り物。それで「あまから家」。正直、それほど期待して入ったわけではない。

 

高齢の店主と女将さん二人で切り盛りしていた。メニュー写真の「あんみつ」(税別630円)が美味そうだったので、それを頼むことにした。

 

予想は裏切られるためにある。

f:id:yskanuma:20170511110807j:plain

 

このあんみつがワンダーだった。見事なこしあんと粒あんが、大きめの朱塗りの器にドッカと鎮座していた。二種類も!

 

ひと目でそのあんこが本物と直感した。人生にはまさかの出会いがあるが、これもその一つ・・・のはずだった。

 

桃、パイナップル、ミカン、赤えんどう豆、その下の寒天。果物以外はすべて店主の手づくりで、むろん、二種類のあんこも自家製。

 

眼下に、あんこの銀河星雲。

 

女将さんによると、店は約30年の歴史。驚いたことに「この20年間、値上げしていないんですよ」とか。

 

隠れた名店を見つけた気分。

 

何よりも二種類のあんこ。こしあんは銀のスプーンで口の中に運んだ途端、いい小豆の風味が広がった。ほどよいきれいな甘さ。黒蜜の濃さが好みの別れるところだが、期待していなかった分、余計感動が広がった。

 

つぶあんはこってりしていて、しかもふくよかに炊かれていた。

f:id:yskanuma:20170511110953j:plain

f:id:yskanuma:20170511111054j:plain

 

小豆はその時々のもっともいいものを使っているそう。「なるべく地物を使っています」(店主)とも。砂糖はグラニュー糖とか。

 

店主の作り方のこだわりぶりが、仕草や言葉の端々からこぼれ落ちてくる。

f:id:yskanuma:20170511111418j:plain

 

古都の一角で不思議な時間が流れる。

 

寒天が柔らかすぎることが好みではないが、あんこは私にとっては「拾い物」だった。

 

先日、それを確認するために久しぶりに足を運んだ。

 

だが・・・悲しいかな、三年前の感動が来ない。これはどうしたことか? 普通に美味い店になっていた。普通に美味い店・・・。それでいいのではないか、そう思い直す。

 

こちらの舌に異変が起きてしまったのかもしれない。彼も私も昔の彼でもなく、私でもない。甘辛のほろ苦い後味が舌に残ることだってある。

 

 

所在地 栃木・足利市昌平町2369

最寄駅 JR足利駅歩約5分

 

         f:id:yskanuma:20170511111447j:plain

 

後味抜群の「塩きんつば」

 

この特製きんつばを食べたとき、塩の絶妙さに驚いた。

 

何という塩加減だろう? 

 

きんつばというより、「塩きんつばと表記した方がいいのでは?

f:id:yskanuma:20170507184908j:plain

 

大納言小豆の風味と抑えられた甘さが、その塩加減によって、ステージの前面に押し出されてくるような感じ。塩の後ろ盾。

 

その後の余韻にホオーッとなってしまった。

 

ただの塩きんつばではなかった。頭のてっぺんに想定を超えるそよ風(快感)が付いてきた。

f:id:yskanuma:20170507185609j:plain

 

浅草「徳太楼」の洗練とも違う。榮太楼の素朴とも違う。

 

何と表現していいのか、「塩梅(あんばい)」という言葉がこれほどピッタリくるきんつばって、あまりないと思う。

 

国立劇場もほど近い場所に店を構える「江戸銘菓 一元屋」。創業は昭和30年(1955年)とそれほど古くはない。

f:id:yskanuma:20170507185724j:plain

 

飲み会で「徳太楼」のきんつばがいかに美味いかをバカみたいに熱く語ったとき、話が終わるのを待ち構えたように、近くの老舗出版社の辛口編集者が、ボソッと「美味いですよ」と教えてくれたきんつば、である。

 

しまった!

 

冷や汗がたら~り。語りすぎはいけない。話にも塩加減が大事と反省させられた。

 

一個152円(税込み)。箱詰めで一番小さい6個入り(906円)を買い求めた。

f:id:yskanuma:20170507185905j:plain

 

一個の大きさはタテ4.5センチ、ヨコ5.5センチ、厚さは1.9センチほどだった。厚みはあまりない。

 

小麦粉の皮は薄めで、しかも一個一個きれいに縁を取っている。

f:id:yskanuma:20170507185939j:plain

 

大納言小豆はたぶん北海道十勝産。柔らかく炊かれた大粒の食感もとてもいい。寒天の具合も絶妙。

 

徳太楼が江戸の粋の洗練なら、こちらは江戸の野暮の洗練、といった感じかな。

 

それにしてもこの後味のすっきり感は、散々べらんめえ言葉を発してから「あらよっ」と去っていく、江戸っ子の後ろ姿を思わせる。

f:id:yskanuma:20170507190030j:plain

 

氷砂糖を使用していることもその理由の一つかもしれないが、それだけではない。一個食べると、続けて二個食べたくなる。三個、四個と行きたくなる。

 

病み付きになるきんつば、というのも確かにある。

 

理由をあれこれ詮索してもしょうがない。これはやはり職人芸と思うしかない。

 

所在地 東京・千代田区麹町1-6-6

最寄駅 東京メトロ半蔵門駅下車

 

 

             f:id:yskanuma:20170507190200j:plain

 

 

 

恐怖の「東京ぜんざい」

 

「地球最後の日」をどのように迎えたいか?

 

SFみたいな話だが、誰しも一度は考えたことがあると思う。

 

あんこ好き、いや私にとって、答えは決まっている。

 

「白ワインを飲みながら、あんこの海にぷかぷか浮いていたい」

 

その甘すぎる妄想を形にしたのが、東京・神保町にある「大丸やき茶房」のぜんざい、である。バカみたいな夢、と言い換えた方がいい気もするが。

f:id:yskanuma:20170505105808j:plain

 

昭和23年(1948年)創業の老舗甘味屋。今川焼きのような、カステラ生地の「大丸やき」が知られているが、ここの「ぜんざい」(税込み600円)がすごい。いや、すごい、という言葉を超えていると思う。

 

漆塗りの器の蓋を取った瞬間、おおお、と声が出かかる。最初に出会った時、あんこ歴ン十年の私でさえ、驚いた。

f:id:yskanuma:20170505105833j:plain

 

つぶあんの海! それも砂糖のテカりで夜の海のように輝いていた。月明かりの海。表面張力の闇黒の海。汁けがまるで窺えない。あまりに濃厚なこってり感。

f:id:yskanuma:20170505110103j:plain

 

その下には手焼きの餅が3個も潜んでいる。志しを感じるぜんざい。

 

お汁粉とぜんざいは、関東と関西では少々違う。基本的に、関西はこしあんをお汁粉、つぶあんをぜんざいと呼んでいるが、関東では汁けのあるものをお汁粉、ないものをぜんざいと呼んでいる。

 

「大丸やき茶房」のぜんざいは、まさしく関東、それも東京のぜんざい。すごいのは江戸から続く明治時代の製法を踏襲していること。

f:id:yskanuma:20170505110208j:plain

 

ひと口で、その甘さに驚いた。ややオーバーに言うと、さすがの甘党でも恐怖を感じるほどの甘さと量。

 

使用している小豆は北海道産えりも小豆。それを銅鍋ではなく釜炊きで、炊き上げた小豆を万力で搾り、水分を下の木桶に落とす。

 

そうして出来上がった生あんに砂糖を加え、昔ながらのえんま棒で混ぜながら、約3時間もかけてじっくりと練り上げていく。

 

砂糖の量は「同割りで、1対1です。つまり生あん1キロに対して砂糖1キロです」(三代目)。

 

水分をすっかり落とした小豆と同量の砂糖。塩の気配がなく、そのためか甘さがワンダーである。出来上がったあんこは一晩寝かす。

 

正真正銘の江戸⇒東京と続いたぜんざいがここにある。

f:id:yskanuma:20170505110248j:plain

 

食べ終えると、少しだけ頭がクラクラしてきた。箸休めの練り梅がなかったら、どうなっていたことかと思うほど。

f:id:yskanuma:20170505111928j:plain

f:id:yskanuma:20170505110330j:plain

 

それでも、ここのぜんざいは究極だと思う。3日ほどあんこから離れていたくなったが、しばらくすると、また行きたくなった。それほど衝撃的なぜんざいであるのは間違いない。

 

所在地 東京・神田神保町2-9

最寄駅 東京メトロ神保町駅

 

             f:id:yskanuma:20170505110427j:plain

 

 

 

 

風情の極致?京都あんみつ

 

GW、京都の人気はすさまじい。

 

日本人はもちろん、外国人観光客のラッシュぶりに、京都の友人などは「もう勘弁してほしいわ。この時期はモグラみたいに地下に潜って、お経でも唱えてるしかあらへんで(笑)」と大いに嘆く。ある意味、こわ~。

 

で、今回取り上げるのは、「もっとも京都らしい風情」と人気の一つ、祇園新橋に佇む「甘味どころ ぎをん小森」である。

f:id:yskanuma:20170430125542j:plain

 

江戸時代末期の京町家が並ぶ祇園新橋の一角。柳の老大木と簾(すだれ)で目隠しされた切妻造りの町家が絵になる。

 

「ぎをん小森」の白地の暖簾と行灯。芸妓さんがたまに通る。よくよく考えると、普通、あり得ない世界。 

 

ここで「小森あんみつ」(税込み1200円)を賞味した。友人の魯山人はんは瓶ビール。甘味屋でビールしか頼まないというのも、普通はあり得ない。

f:id:yskanuma:20170430125722j:plain

 

信楽焼の器に入った「小森あんみつ」は、妙な言い方だが、京都スイーツの新旧スター総出演と言いたくなるもの。

 

器の中の京踊り。

 

見た目も「ええで、ええでえ」としか言いようがない。丹波の大栗が2個、吉野葛を使ったくずきり、柳桜園の抹茶を使った抹茶アイス、抹茶寒天、白玉も厳選されたもの。

f:id:yskanuma:20170430125845j:plain

 

そして、バックに控えているあんこ。私に言わせれば、これこそが主役。隠れたセンター。きれいな小倉あんで、毎日、決まった量を炊いているそう。使用している小豆が北海道十勝産大納言。

 

さすがに丹波大納言ではないが、これだけの素材がそろえば、もはやその味わいはかなりのレベルとわかる。

f:id:yskanuma:20170430130111j:plain

 

このあんこ、柔らかく丁寧に炊かれていて、木匙で口に運んだ途端、いい風味とほどよい甘さが押し寄せてくる。艶やかさが高いレベル。上質のねっとり感。

 

脳内セロトニンの風がやさしく吹いてくる。

 

黒蜜をかけて賞味。黒蜜がどうしたわけか、あんこの風味を殺さない。穏やかな自家製のいぶし銀。壇蜜よりも黒蜜。

f:id:yskanuma:20170430130339j:plain

 

いい時間が流れる。すべてが絵になっている・・・気がするが、どこかレプリカっぽい。不意に我に返る。

 

これって現実か?

 

本物とレプリカの違いなどわかろうはずもない。

 

レプリカでも素晴らしければいい、と思う。

f:id:yskanuma:20170430130440j:plain

 

この「ぎをん小森」は超人気なので、時間帯によっては1時間以上の待ちは覚悟しなければならない。

 

建物はもともと茶屋だったもの。それを改装して、1997年(平成9年)に甘味処としてオープンしている。老舗ではない。(老舗がいいとも限らない)

 

魯山人はんは、最近の京都を嘆き、アテの柿ピーをポリポリ食べながら、「錦市場もよそからどんどん資本が入ってきはって、観光化され過ぎやな。よう観光客だけがダマされはって。ホンマは京都やない店も多いちゃいまっか」と口の左端を3ミリほど上げたのだった。

 

所在地 京都市東山区祇園新橋元吉町61

最寄駅 京阪本線祇園四条駅

 

           f:id:yskanuma:20170430130544j:plain