週刊あんこ

和スイーツの情報発信。あんこ界のコロンブスだって?

涼!金沢の「生麩まんじゅう」

 

コロナと暑さでときどき「わあー」と叫びたくなる。

 

ゴジラ一歩手前状態(笑)。危ないアブナイ。

 

なので、今回取り上げるのは、頭を静めるのに適した涼やかな生菓子です。

f:id:yskanuma:20200604124352j:plain

 

まだ遠出できないので、お取り寄せ。

 

慶応元年(1965年)創業、加賀麩の老舗「不室屋(ふむろや)」の「生麩まんじゅう」がターゲットです。

 

オンラインで注文、自宅に届いたのは2日後。

f:id:yskanuma:20200604124534j:plain

 

実物を見ただけで、涼風が脳内を通り抜けていく。生菓子一つで世界が変わることだってある・・・まさか?

f:id:yskanuma:20200604124648j:plain

 

10ケ入り(税込み2376円)。クール便(冷凍)なので、送料がプラス1045円かかる。

 

すぐに冷蔵庫に入れ、約4時間かけて、ゆっくりと解凍する。

 

みずみずしいクマ笹で三角形に包まれていて、それをていねいに取ると、主役が現れた。

f:id:yskanuma:20200604124729j:plain

f:id:yskanuma:20200604124759j:plain

 

笹の香りとともに、うっすらと若草色の麩まんじゅうは、宝石のようにつややかで、しかもみずみずしい。清流から抜け出てきたような印象。

f:id:yskanuma:20200604124842j:plain

 

のりを練り込んでいる? 

 

「いいえヨモギなんですよ」(不室屋)

 

口当たりの食感はつるりとしていて、ぷにゅりとした、柔らかな歯触りと上質の生麩の香りが広がってくる。ヨモギの香りはかすかにする程度。

f:id:yskanuma:20200604124927j:plain

 

中のあんこはこしあん。濃い藤紫色に吸い寄せられる。

f:id:yskanuma:20200604125112j:plain

f:id:yskanuma:20200604125151j:plain

 

麩まんじゅうの元祖・京都「麩嘉(ふうき)」こしあんなので、これはいわば麩まんじゅうの本流の形と言えそうだ。

 

こしあんはなめらかな舌触りといい、芳醇できれいな小豆の風味(大納言小豆?)といい、控えめな甘さといい、京都に次ぐ和菓子の街・金沢の奥行きを感じさせるものだと思う。

f:id:yskanuma:20200604125248j:plain

 

砂糖はグラニュー糖を使用している。

 

冷たい麦茶で舌を洗いながら、2個ゆっくりと味わう。

 

コロナ包囲網の中で、小さな黄金の時間が過ぎていく。

 

皮には餅粉も加えているので、もっちり感も十分にあるが、思ったほど手にも歯にもくっつかない。

f:id:yskanuma:20200604125537j:plain

 

笹の香り、生麩、こしあん・・・絶妙な上質の交錯だと思う。

 

すーっと抜けていく余韻がきれい。

 

あんこの恋愛に例えると、「後朝(きぬぎぬ)の別れ」という言葉をつい連想してしまう。

f:id:yskanuma:20200604125632j:plain

 

生麩の歴史は古く、精進料理として、中国から入ってきたようだ。それが日本で洗練され、千利休も茶会では麩料理を使っている。

 

だが、生麩にこしあんを入れたのは、歴史的にはそう古くはない。

f:id:yskanuma:20200604125730j:plain

 

スイーツ好きだった明治天皇のたっての依頼で、「麩嘉」が作ったのが最初と言われている。

 

明治天皇山岡鉄舟を通じて、銀座木村屋のあんぱんもよく所望したというエピソードも残っている。大のあんこ好きだったようだ。

 

約2年前、あんこ旅で金沢を訪れた時、「加賀麩 不室屋」(尾張町店)の黒暖簾と蔵造りの佇まいがとても印象に残った。

f:id:yskanuma:20200604125940j:plain

 

その時はたまたま都合がつかず、中で麩まんじゅうを食べそこねてしまった。

 

写真だけ撮り、次の機会に来ようと立ち去ったが、その後コロナなどで行くことがかなわず、その恨み(?)が今回のお取り寄せとなった。

 

つまり、2年越しの甘いご対面となったわけである。

 

所在地尾張町店) 石川・金沢市尾張町2-3-1

 

〈お取り寄せ〉

生麩まんじゅう(10ケ入り)税込み2376円

(別途送料 1045円)

合計 3421円なり

 

 

                                                  f:id:yskanuma:20200604130413j:plain