週刊あんこ

和スイーツの情報発信。あんこ界のコロンブスだって?

京都の和三盆氷あずき

 

虎屋、といえば言わずと知れた和菓子界の頂点の一つ。

 

室町時代に創業し、皇室御用達の名店として君臨し、明治維新後、天皇とほとんど一緒に東京・赤坂に本店も「遷都」してきた。

 

だが、もともとは饅頭屋で、京都御所近くに旧本店がある。

f:id:yskanuma:20170909171148j:plain

 

その虎屋菓寮一条店で、「氷あずき」(税込み 1296円)をいただいた。

 

あんこ界の総本山といえなくもない。

 

庭園を見ながら、ゆったりとした気分で、「氷あずき」を待つ。

 

ガラスの器に富士山のようなかき氷。和三盆の茶色い蜜が頂上からたっぷりとかかっていた。

f:id:yskanuma:20170909171227j:plain

 

それだけで最近の派手な、奇をてらったかき氷とは違うことがわかる。

 

かき氷は水分を多く含み、スプーンで口に入れた瞬間、柔らかな洗練が自然な甘みを引き連れてくる。ヘンな例えだが、牛車に乗った高貴な味わい。その深いシンプル。

 

f:id:yskanuma:20170909171349j:plain

f:id:yskanuma:20170909171437j:plain

f:id:yskanuma:20170909171544j:plain

 

中のあずきは皮まで軟らかく炊かれていて、こってりした甘さ。量も申し分ない。

 

十分計算された氷の温度と洗練された和三盆、主役のあずき。

 

これがかき氷の頂点の味か?

f:id:yskanuma:20170909171717j:plain

 

京都に住む友人(恐るべき舌の持ち主)が、「虎屋一条店のかき氷を食べないと、かき氷は語れまへん」と言っていたことが頭をよぎった。

 

さり気なく、深い。

 

あずきは丹波産大納言かと思ったら、「いえ、十勝産です」

 

1296円は場所代も含んでいる。

 

f:id:yskanuma:20170909173657j:plain

 

所在地 京都市上京区一条通烏丸西入ル

最寄駅 地下鉄烏丸線今出川駅下車

 

 

                                 f:id:yskanuma:20170909173610j:plain