週刊あんこ

和スイーツの情報発信。めざすはあんこ界のコロンブス!

子どもお断り「限定あんバター」

 

大人しか食べれないあんバター、というのを偶然、見つけてしまった。

 

あの元祖あんぱんで有名な、東京・銀座木村家を散策中のこと。

f:id:yskanuma:20170605220345j:plain

 

酒種の桜あんぱんを買おうと思って、行列に並んだが、ふと「大人のあんバター」の文字が目に入ってしまった。

 

大人のあんバターだって?

 

つまり子どもは食べてはいけないってこと?

f:id:yskanuma:20170605220418j:plain

 

銀座木村家(本店)でしか買えない、ということもわかった。しかも午後2時と午後5時、一日2回しか販売しない貴重な限定品だそう。ゲットラッキーかいな。

 

たまたま午後5時だった。

 

ここの人気ナンバーワン「桜あんぱん」やあんバターの進化系か? 好奇心がむくむく。群がる女性を押しのけて、めでたく3個ゲットした。一個税込み270円。そう安くはない。

f:id:yskanuma:20170605221516j:plain

 

あんバターはソフトフランスパンに北海道十勝産の大納言小豆のつぶしあんとホイップバターを挟んだもの。今や酒種あんぱんに続く銀座木村家の定番にもなっている。

 

新顔「大人のあんバター」はそこにラム酒を加えたもの。

 

あんことバターとラム酒ひょっとしてミスマッチかもしれない。

 

それを持ち帰り、翌朝、食べることにした。朝からラム酒もオツだと思う。

f:id:yskanuma:20170605220529j:plain

f:id:yskanuma:20170605220631j:plain

 

ソフトフランスパンは噛みごたえがある、あのほんのり塩気のある、拒絶するような生地。酒種あんぱんやコッペとはまるで次元が違う。

 

かじりついた途端、ラム酒の香りがいきなり口中に広がった。

f:id:yskanuma:20170605220757j:plain

 

つぶしあんとホイップバターが妙にエロティックに絡み合ってきた。

 

口中の甘くてホロ苦い密会、ってとこかな。

 

激ウマでも激マズでもない。

 

これはあまりヒットしてほしくない。

f:id:yskanuma:20170605220857j:plain

 

明治2年(1869年)創業の、あんぱんの木村家が久しぶりに放った、道ならぬ恋のあんぱん。そう言えなくもない。

 

色物のあんぱん?

 

あんぱん界のブルゾンちえみ?

 

ずっとこのままで、銀座本店でだけ、一日2回の限定品でいてほしい気がする。

f:id:yskanuma:20170605220936j:plain

 

ラム酒はジャマイカラム酒らしい。それをホイップバターの中に潜ませているようだ。

 

どうしてジャマイカラム酒なのかは不明である。

 

ウサイン・ボルトも絡んでいるのか?

 

今度、こっそり聞きに行ってみよう。

 

所在地 東京・中央区銀座4-5-7

最寄駅 東京メトロ銀座駅

 

            f:id:yskanuma:20170605221154j:plain