週刊あんこ

和スイーツの情報発信。めざすはあんこ界のコロンブス!

寅さんの「冷たい新顔」

 

草だんごといえば、つい寅さんを連想する。

 

あんこ好きの悲しいサガ。

 

映画「男はつらいよ」(山田洋次監督)の舞台、東京・柴又帝釈天の門前には草だんごの店がズラズラーッと並んでいる。

f:id:yskanuma:20170530110937j:plain

 

最も古くて有名なのは「高木屋本舗」だが、「何言ってんだい、草だんごではウチが一番古いよ」というのが、「亀家本舗」である。このあたりは諸説ある。

 

昭和2年(1927年)創業。帝釈天に最も近い老舗で、男はつらいよの最初のモデルは「高木屋本舗」ではなく、この店だったらしい。

f:id:yskanuma:20170530111101j:plain

 

ここで見つけたのが「アイス草団子」(税込み400円)である。草だんごのアイスクリーム乗せ。

 

柴又草だんご界の、いわば甘く冷たい新顔である。

 

草だんごにアイスクリームを乗っけたのはここだけ。

 

あんこはつぶあん。小豆は北海道十勝産、砂糖は白ザラメを使い、あんこ職人さんが毎朝早起きして炊いている。草だんごは上新粉とよもぎの若芽(旬に冷凍したもの)を使い、器械で搗(つ)いている。

f:id:yskanuma:20170530111147j:plain

f:id:yskanuma:20170530111319j:plain

 

「その香りがすごくいいのよ。毎日、幸せな気分になるわ」(おばはん店員さん)

 

つぶあんはこってりしていて甘め。濃厚な小倉色。添加物など使っていない。

 

淡いよもぎの草だんごは5個ほど。つぶあんとよく合っている。

 

その上のバニラアイスは、昭和のさわやかなアイスクリームで、それが溶け始めると、つぶしあんといい具合にコラボする。ミスマッチではない。三位一体の風味がつらくない。

f:id:yskanuma:20170530111257j:plain

f:id:yskanuma:20170530111417j:plain

 

さくらちゃんのような、さわやかでけな気な味わい。

 

渥美清は甘党でもあったらしい。亀家本舗のざっくばらんな店内でこれを味わっていると、向こうからあの四角い顔がやって来た。

 

「よっ、やってるかい?」

 

寅さんの何とも言えない笑顔が一瞬だが、確かに見えた。むろん幻覚だが。

 

渥美清が亡くなったのは平成8年(1996年)8月4日。もう20年以上経ったのに、寅さんは今もファンのなかで根強く生きている。

 

所在地 東京・葛飾区柴又7-7-9

最寄駅 京成線柴又駅

 

 

           f:id:yskanuma:20170530111640j:plain