週刊あんこ

和スイーツの情報発信。めざすはあんこ界のコロンブス!

十条の金星「いちご草餅」

 

あんこ餅菓子にも出会い系がある。

 

さよならだけが人生、ではない。

 

東京・北区の十条銀座商店街をぶら歩きしていると、甘味処「だるまや」が見えた。

 

入り口にはのり巻きやおいなり、だんご、豆大福などが雑然と置いてあり、下町の餅菓子屋の佇まい。

f:id:yskanuma:20170526110417j:plain

 

目が吸い寄せられるように、一点に向かった。

 

「あまおう草餅」

 

いちご大福は今やどこにでもあるが、いちごの草餅というのは初めて。しかもいちごの王様「あまおう」とは。

f:id:yskanuma:20170526110509j:plain

 

見事なよもぎの草餅に包まれるように、「あまおう」が鮮やかな色で片目をつむった・・・気がした。胸がピコピコ。

 

こしあんとつぶあんがあり、つぶあん(280円)を頼んだ。それを奥の喫茶コーナーで、コーヒーを飲みながら、味わった。

 

この春、最大のびっくり。

f:id:yskanuma:20170526110613j:plain

 

よもぎ餅の美味さ。あまおう(減農薬栽培)の滴るような甘さ。

 

何より、つぶあんが素晴らしかった。

 

あまりに柔らかな甘みと風味。口中にそよ風が立った。

f:id:yskanuma:20170526110733j:plain

f:id:yskanuma:20170526110857j:plain

 

これほどのあんこを作っている店主に話を聞きたくなった。

 

三代目だという若い男性(息子さん?)は熱い男で、

 

「ウチはオーガニックにこだわってるんですよ」

 

と語り始めた。

 

「素材は産地よりも生産者が問題なんですよ。オーガニックでいいものを作ってると耳にすると、北海道でも宮古島でもどこへでも行きますよ。砂糖だって生産者を選んで、和三盆糖を使ってるんです。このくらいのこだわりは当然なんですよ」

f:id:yskanuma:20170526111021j:plain

f:id:yskanuma:20170526111110j:plain

 

店の創業は昭和22年(1947年)。ここはかき氷でも知られた店で、あんこの美味さにも定評があるようだ。

 

正直、その語りには少々へきえきしたが、作っているのは二代目のようで、そのお方がすご腕の和菓子職人であることは想像できた。

 

GW中にまた食べたくなって、再び足を運んだら、「あまおう草餅」は終わっていた。

 

「あら残念でした。季節限定なんですよ」

 

店の女性スタッフが申し訳なさそうに言った。その瞬間、下町の金星が消えた・・・。

 

「12月から4月の頭くらいまで、です。また12月に来てください。これからはかき氷です。いかがですか?」

 

所在地 東京・北区十条仲原1-3-6

最寄駅 JR埼京線十条駅北口

 

 

             f:id:yskanuma:20170526111156j:plain