読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊あんこ

和スイーツの情報発信。めざすはあんこ界のコロンブス!

銀座シックスの和スイーツ

 

きのうのこと。たまたま銀ブラしてたら、物凄い人出に出くわした。

 

何だろう? ジャスティン・ビーバーでも来たのか?

 

それとも、宇宙人でも買い物に来たのか?

 

「GINZA SIX」のグランドオープンだった。

 

人混みをかき分けて、B2へ。さらに人混み。

f:id:yskanuma:20170421104729j:plain

 

京都の有名店「辻利」(つじり)の前は、特に混雑がひどく、ざっと見たところ5分の4が女性だった。カップルも多い。

 

京都で何度も見た光景が銀座でも見れるとは。

 

イートインコーナーらしきものはあるにはあるが、「勝手にどうぞ」スタイルで、それでさえ鈴なり状態。立ったまま食べてる人も多い。しかも安くはない。それでもこれだけの集客力、宇宙人が見たら何と報告するのか、とても気になる(気にする方がおかしい)。

 

銀座には老舗和菓子屋が多いが、これは2017年4月20日現在、最も新しい和スイーツ誕生のニュース、と言えなくもない。

 

で、食べたのが辻利ではなく、隣の「KUGENUMA SHIMIZU(クゲヌマシミズ)」。

f:id:yskanuma:20170421105347j:plain

 

和パフェ「湘南みるく」(税別700円)を頼んだ。あんこのお姿が見えた、というのがその理由で、あんこファンとしては、甘い動機である。

 

紙の器にソフトクリーム、つぶあん、きな粉のかかったくず餅2個、それに人形焼のようなものが乗っかっていた。湘南みるく・・・ネーミングもそれなりに素晴らしい。

f:id:yskanuma:20170421105716j:plain

 

つぶあんはかなり甘めで、塩が効いている。つぶあんのレベルとしては、ごくフツーだと思う。

 

きな粉のかかったくず餅もそれなりに美味い。人形焼みたいなものは「湘南大漁焼」だそうで、中がカスタードクリームだった。黒糖の香り。

f:id:yskanuma:20170421105822j:plain

 

一番美味いと思ったのが、ソフトクリーム。新鮮なバニラの香りと塩加減が濃厚な味わいを押し上げていた。塩は「江の島の海水」とか。ああ、あらら、あらしお。

 

あんこでないのが悲しい。

f:id:yskanuma:20170421110339j:plain

 

この店は、神奈川・藤沢市鵠沼に本店があり、「元々はフレンチレストランです」(スタッフ)とか。オーナーシェフが元Jリーガーで、帝国ホテルなどでフレンチの修業をしたそう。

 

700円というのは銀座値段だろうが、こうした場合、コスパを考えてはいけない。

 

銀座の最先端の和スイーツとはどのようなものか、それを体感することが肝心だと思う。雰囲気も楽しむ。単なるミーハーかもしれないが。

f:id:yskanuma:20170421110121j:plain

肝心のあんこも自家製ではない。想定の範囲内。この言葉、もう死語かな?

 

「レシピを作って、その通りに専門家に作ってもらってます」(スタッフ)

f:id:yskanuma:20170421110444j:plain

 

何か文句でも? いえいえ、文句など言える立場ではございません。

 

にこやかなスマイルに心がとろけそうになる・・・だが踏みとどまる。

 

横文字の多さは勲章もの。

 

ここは日本ではなく、ジャパンなのである。そう考えることにした。

 

和スイーツの小ディズニーランドの行方やいかに? 

 

所在地 東京・銀座6-10-1 GINZA SIXB2F

最寄駅 東京メトロ銀座駅

 

             f:id:yskanuma:20170421110608j:plain