読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊あんこ

和スイーツの情報発信。めざすはあんこ界のコロンブス!

人形町「清寿軒」のどら焼き

 

東京・人形町の「清寿軒」のどら焼きを初めて食べたときのこと。

 

粒あんのあんこの量と皮の焦げかかったハチミツの匂い。

 

その手触り感に驚いた。

 

こんなどら焼きってあり?

 

f:id:yskanuma:20170205145950j:plain

うさぎやの洗練とも違う。亀十の野暮とも違う。

 

あえて言うと、野暮の洗練ってとこかな。

 

じっくり炊いたつぶあんのあまりに素朴な美味さ。かなり甘い。皮のハチミツの焦げかかった香ばしさとふわふわ感がたまらない。

 

創業が江戸時代後期1861年(文久元年)。当主は今七代目。

 

一子相伝で受け継がれてきた手づくりのワザが食べた瞬間、口の中で爆発するかのよう。美味の爆発と言うのも心地よい。

 

あんこ好きには大判よりも小判(180円=税込み)がおすすめ。ご覧のとおり、つぶあんの量が想像を超えてる。すぐに売り切れになるので注意が必要。

 

ともかく恐るべきどら焼き、だと思う。

 

f:id:yskanuma:20170205153044j:plain

 

所在地 東京都中央区日本橋堀留町1-6-1

最寄駅 地下鉄人形町駅下車

                    f:id:yskanuma:20170205150847j:plain